storymore!

ドラマを、もっと!

『ドロ刑-警視庁捜査三課-』3話ネタバレ感想。突然洋画みたいな犯罪が出てきた

2話はこちら。↓

 

黒ずくめの格好で金庫破り、潜入捜査の回。

 

偶然…ではなく煙鴉(遠藤憲一)に仕組まれて、半グレ犯罪集団のIT担当?の青年と知り合った斑目くん(中島健人)。青年は、昔は貧乏でいじめられていて低スペックでどうしようもなかったけどお金ですべて変わった、たのしい、と言うんですけど。ポールダンス観てお酒飲みながらそういう話をするっていうね、「金さえあればさ、こういうふうに」ですもんね、…大金手に入れても大したことしないな!!!

お金を手に入れてこれがやりたかった!みたいなのが無いのがかなしいですよね、成り上がりの限界感。

せめて貧乏だけど夢はあって、それを叶えるためにやっと手にしたお金を使って動いてて…くらいあったほうが、ラストのせつなさが増してよかったんじゃないでしょうか。立場の違い、一瞬の友情、別れ…っていろいろ散りばめたわりにあっさりだったんですよね。

出会いあたりは、「同じ目をしてたから…」とか深そうな雰囲気出してたのに。あっさりー。もうちょっと違えばもうちょっと盛り上げられたのでは!?それとももう1回どこかで彼出てくるのか!?

 

皇子山さん(中村倫也)がけむさんをめちゃくちゃ疑っててめちゃくちゃ調べてる、っていうのがこの3話にしてぐっとクローズアップされましたけど、これはどうなっていくのかなあ。誰にも倒されないけむさんであってほしいな…。  

 

↓ドラマの感想・ネタバレならこちら。

にほんブログ村テーマ テレビドラマへテレビドラマ

にほんブログ村テーマ **** テレビドラマが大好き ****へ**** テレビドラマが大好き ****