storymore!

ドラマを、もっと!

『ドロ刑-警視庁捜査三課-』1話ネタバレ感想。大泥棒役の遠藤憲一なんて、とりあえず観るでしょう

とか言いつつ…いや大泥棒って!なんかちょっと笑っちゃいますよね。

そして遠藤憲一以外にも、中島健人くんが属する課のメンバーに板尾創路、中村倫也、野間口徹、江口のりこ、丸山智己…ってけっこう渋めのチョイスで!絶対おもしろいじゃんすき…。こんな笑っちゃう題材なのに…。あとドラマ公式ページに載ってなかったんですが、小市慢太郎さんも出ています。上司?上層部?っぽいポジションで。

しかも1話ゲストの泥棒に高橋克実!通称キツツキのマサ!…泥棒ってみんな別名あるのかな?

 

大泥棒とか漫画みたーい、と思ったらほんとに漫画原作だそうです。

↓ちなみに、ドラマ公式ページのあらすじ抜粋。

主人公は最も身近な犯罪、窃盗の捜査をする警視庁捜査三課の新米刑事
斑目勉(まだらめつとむ)。警察組織の論理や現実を前にすっかりやる気を失くしていた。
そんな斑目が出会ったのが、過去の目撃者ゼロ、痕跡ゼロで誰も姿を見たことのない幻の大泥棒・煙鴉(けむりがらす)。煙鴉は、なぜかことあるごとに斑目にちょっかいを出し、捜査協力までしてくれるようになる。  

おおどろぼう、けむりがらす…。漫画みたーい! 

 

僕は僕なんで、肩書きにとらわれないってゆーかー、ありのままの自分でいたいっていうタイプなんで。

とか班目くんが言ってるの聞いたときは、何こいつ。と思ったんですけど、煙鴉の香りで正体を見抜くという意外な鋭さも見せてくれて。ずっとダメダメくんなわけじゃなく、主人公ふたりが出会って早々の1話前半にそういう場面があったので、その後に期待できましたね。良い展開。

 

やり取りもちょっとおもしろいです。ふつうにいくと、刑事が常識派で泥棒に振り回されるのがパターンだと思うんですけど、このドラマではチャラくて調子が良くて正義感とか持ち合わせてないゆるゆる刑事の班目くんのとぼけた感じに、泥棒が突っ込まざるを得ないという。「違うな」とか真顔で言ってる遠藤憲一さん、いいですよ!

 

展開としては、師弟愛ってけっこうおいしいな…と思ったら裏切りのケンティ…と思いきややっぱり師弟愛ケンティ…!一瞬読めなくて、なかなかおもしろかったです。こうやって裏切られる展開、すき!

あと1話ラスト、手伝ってくれた理由を聞いたときの「おまえがおれを見つけた」っていうのもよかったです。ときめき。

 

1話はほんとに出だしで、これから正式に13係?オールスターメンバーが集められるみたいですが、なかなかおもしろく観られそうです。 

 

↓ドラマの感想・ネタバレならこちら。

にほんブログ村テーマ テレビドラマへテレビドラマ

にほんブログ村テーマ **** テレビドラマが大好き ****へ**** テレビドラマが大好き ****