storymore!

ドラマを、もっと!

『賭けグルイ』2話ネタバレ感想。目の合成おもしろかったけどこわい

1話はこちら。↓

 

浜辺美波ちゃんの、夢子としてのにやァァ…って笑みがね、夢子なんですよねー!敗者の芽亜里(森川葵)を見下ろす冷たい眼もとっても夢子。「わたしは、絶対に勝つ勝負も、絶対に負ける勝負も、嫌いなんです」っていう哲学を静かに話す姿も…。

しかも、かわいい。姫カットで不自然極まりないはずなのに。かわいい。

漫画らしいトリッキーなキャラクターでなお失われないあの透明感、一体。

 

しかし2話のはじめ、登校した夢子と鈴井(高杉真宙)が目の当たりにしたのはごみと落書きだらけの席に座る芽亜里の姿。…っしょうもな!!!いくら芽亜里が夢子に大負けしたからって、なんか…冷たく蔑むとかで十分なのになぜわざわざあんな子どもっぽいいじめみたいなことを。しかもこれまで芽亜里に従ってたくせに。原作もあんなのでしたっけね…負けをわかりやすくしたらああなるのか?謎です。

あ、記事タイトルの目の合成っていうのは、負けた瞬間の芽亜里の黒目がちーっちゃくなってたやつのことです。賭けグルイの夢子が燃えてるときの赤い目、とかは意外とありなんですけど、黒目がちーっちゃいのはちょっとこわくて、ちょっと笑えました。あんなのありー?笑

 

それはさておき今回の対戦相手は、生徒会の皇伊月(松田るか)!

…と見せかけて終わってしまいましたー。短い、1話ごとがめちゃくちゃ短い。かなりたのしんで観てるので物足りないです。なんせ1話30分なので…。

 

↓ドラマの感想・ネタバレならこちら。

にほんブログ村テーマ テレビドラマへテレビドラマ

にほんブログ村テーマ **** テレビドラマが大好き ****へ**** テレビドラマが大好き ****