storymore!

ドラマを、もっと!

64/瑛太のこと嫌いになりかける前編、からの原作との違いが気になる後編

記者クラブがね、いきがってて目に余るんですよね前半…。腹立たしいんですよね…。特にリーダー格の瑛太の言い方がいちいちいきがってて…。

※この後、ネタバレ含んで書いてます。

 

原作をだいぶ前に読んでいたんですが、それでもたのしめました、たのしめましたって内容じゃないんですけど、お話じゃなくて映画として没頭できましたという意味で。映像化してよかったんじゃあないかしら、つらい話だとしても。序盤だと記者クラブとの揉め事の原因となった事故の被害者の描写とか、あんなふうに映像にされたら…、胸に来るものがありました。いや、つらい。

 

でも人っ子ひとりいない部屋、からの騒然としてる状況!の場面とか、あと記者会見の雰囲気、あの緊張感や記者たちの圧なんかも、実写ならではと思えました。

ただ原作を読んでいるからこそ、説明不足なのでは…?と思うところもしばしば。二渡の名前がちょいちょい出てきてたのとか、警務だ刑事だとか。え?フタワタリって人どこにいた?もう出た?みたいになりませんかね?

横山秀夫ファンなら、D県警ね~ってなると思いますけど二渡。横山秀夫の警察ものってよく違う作品でちょっとずつ重なってたりするんです。二渡は本作『64』には主人公三上の同期として出てるけど、本来は『陰の季節』の主人公・二渡だったりするという。すきになるとそういうのがたのしい…。わたしのすきなのはD県警ではない警察ものなんですが!

 

原作を踏まえて観ると、公衆電話について三上が気づくきっかけは確か原作と違ったと思います。現物を見てボタンを見て…なんてあったかな?そもそもあれって気づいたのかな。違和感持っただけで別に気づかなかったのかな。映画の場面を思い返していると、後者に思えてきます。

あと、誘拐犯に協力している人の声も…あんな場面なかった気がします。あんなにわかりやすくはなかったんじゃなかろうか。しかも補導の現場に居合わせるってどんな運なのかと。

 

しかしとにかく、いい人がいっぱい出てるので、…ってあれなんですけどね映画ってそこで期待しちゃあ裏切られることがあるってわかってるんですけど。(例:『エイプリルフールズ』)

まずはわたしのすきな榮倉奈々!そしてそのほか主要キャストに佐藤浩市、三浦友和、吉岡秀隆、椎名桔平、滝藤賢一、仲村トオル、奥田瑛二、永瀬正敏、緒形直人、若手だと綾野剛、柄本佑、窪田正孝、坂口健太郎、ブレイク前の!芳根京子も。

なかなか見応えがありました。豪華すぎてなにか足りない感もあるのはあるんですけどね、でも何この人?みたいなのが無い、みんな巧い、良いことです。いい人が出てくるだけでちょっとうれしい。単純に。 

 

本筋ではないように見せかけられて進んでいたストーリー、それがどんでん返しみたいに明かされるわけですけど、そのどんでん返しが始まる決定的なせりふ「この車は今、ロクヨンの捜査指揮を執っている」…これを言った三浦友和はね、かっこよかったですね。見応え~!でもやっぱり説明が少なくて…、それぞれの立ち位置とかがいまいちわからず、心理描写みたいなものもいまいちないので、どの瞬間も感動が弱いというか。まあ心理描写って言い方するとアレですけど、こういう力関係があってこういう立場でこう言ってる、こういう思いで動いてる、そういうのがないとやっぱりちょっと物足りませんよね。どれだけ泣かせようとされても。

同じく三浦友和が情報を話してくれるという場面も、どういったポジションの人がそうやってるのかっていうのがわからないとぴんとこないんじゃないでしょうか。

 

で、ラストですよ。

ロクヨンの真犯人がわかってから後のシーンは、原作には一切無いものです。三上が真犯人と関わっていく場面ですね。これは…、どうなのかな!?確かに原作、犯人はわかったんだけどどうなるのかなってところで、答えを示さずに終わるんですよ。もやーっとするといえばするんですよ。それをわかりやすくアンサー出して終わろうというのは、わかるといえばわかる…でも…あえて書いてなかったのに!?って気持ちもあります。

あえて書いてなかったところだし、あと三上という人物がそこまでするとは思えないし。

あとは刑事たちがやる、あとは法が裁く、それはそこに任せるんじゃないの?感情的すぎない?あんな砂ぼこりや水に濡れてまで何やってんの?って思ってしまいました。いや、気持ちとしてはわかるんですよ。娘を持つ父として、犯人を追う刑事だった者として、現職の警察官として、許せない気持ちがあるのは。

でもあの、その付け足しシーンのおかげでわかったこと、真犯人がほんとに気分の悪い、意味がわからないタイプの犯人だったっていうのは…。(映画オリジナルの設定だとは思うんですけど。)自分の子のことは必死に心配してたのにね、なんで殺した、に対して「そんなこと、おれにわかるか…」って言っちゃうんだから。ぞっとしましたね。怪演でしたね。あと子どもが、利発そう・いい子そうなのにすごくかわいそうな展開で。いったのかな…あのシーン。

あとどんど焼き、大きい火って浄化される感じ、それもわかるんだけどそんなのに騙されないわよ!とも思いました。完。