storymore!

ドラマを、もっと!

『dele』4話ネタバレ感想。つらい

3話はこちら。↓

 

25年前「天才超能力少年」として有名だった男・日暮(野田洋次郎)が、病のために自室で亡くなった。その手元には描きかけの絵。かつて彼に憧れていた圭司(山田孝之)は、祐太郎(菅田将暉)とともに進んで彼のことを調べ始める…。

 

なんかね。

25年前にテレビ番組で日暮に失踪した母の居場所をサイコメトリーしてもらった(しかし失敗に終わった)少女が、大人になっていて、いまはしあわせに暮らしていて、圭司と祐太郎はそのお宅を訪ねるんですけど、

…花壇は父がしてるって言った瞬間にもうこの展開は見えていた!!! 

…いや嘘、花壇とか言うから庭に埋まってるのかなって思いました、正直。

そこは山なのか。

そこは花壇じゃない?

 

結局。

娘が行事で家にいなかった夜、つまらないケンカをして、振り払った妻は頭を打っていて…それで…。と。

 

え、悲しすぎませんかね。

 

日暮はきっと、父が母を殺したところが“見えて”しまったのだろうという結論。それで、真実を明かさないという選択をした。日暮は娘の幸せを守ることを望んでいるだろう、というのが圭司がその父に言ったせりふです。謎を解いたけど、でもぜんぶを白日のもとに晒せなんて言わない、そういう物語なんですよね!いいぞ! 

日暮の最後の絵は、死ぬ間際に描いていた絵は、日暮を捨てた母親が暮らす田舎の山あいの家を描いたものでした。でもそこは見るだけで、確かめるだけで、母親に何か言うわけでもなく、ただ覚えておこうとするっていう。ぱきっとした感動!みたいなのがなくて、うるさくなくていいです。その後とかも想像の余地があって。余韻があって? 

 

祐太郎が超能力発揮しちゃってスプーン折っちゃったのはなんだったのか…、日暮さんの導きだったって感じでしたけど、いややると思ったけど、それか力づくってオチかと思ったけど、でも確かに圭司より祐太郎のほうができそうですよね、ふらふらっと正解に導かれちゃったのもアレでしたし。純度が!なんか純度がね!

 

↓ドラマの感想・ネタバレならこちら。

にほんブログ村テーマ **** テレビドラマが大好き ****へ**** テレビドラマが大好き ****

にほんブログ村テーマ テレビっ子♪へテレビっ子♪