storymore!

ドラマを、もっと!

『Missデビル』7&8話感想。この会社ボロボロですね

斉藤くんのお父さんと社長が協力して不正とかしてたのかな…?ってくらいしか想像できないんですが、果たして。

 

7話はやばすぎる袴田吉彦の部署との対決でした。袴田を崇める社員が、あの人は…神だ…って言って倒れたのやばかったので、あの感じもっとやってほしかったかなー!

なんか、働き方改革のせいでガンガン働けなくなったと不満に思う働きたい人たちの部署みたいな感じで、退社後に別に用意した隠れ家で仕事してるっていう。変態か!そしてその隠れ家を探っていて伊東人事部長と椿眞子が監禁され暴行されかけるというまさかの展開でしたけれども、…まあ椿眞子は常に暴行してますけれども、まさかの人事部長まで戦うとは思ってなかったので!ちょっとときめきました。元なぎなた部(幽霊部員)…!

 

8話。斉藤くんが想いを寄せる同期の女子が、父の介護が必要になって会社を辞めようか悩んでいる…、と思いきや、彼女は優秀ゆえに仕事のミスを認めず、それが次のミスを呼んでしまっている、それで逃げたくて休憩所でぼんやり時間を潰している、ということが椿眞子の口から告げられる!という、なんともおもしろい展開でした。

「あなたにこの会社を辞める権利はありません。」

この同期女子、いい子ちゃんでただの斉藤くんの恋愛対象としての登場かと思いきや…、おもしろいところあるじゃない。結局はまあいい子だったので、仕事と向き合うことを決めて退職届を斉藤くんに持っててほしいと託す、という終わりかたでしたが。

 

で、同時進行で、斉藤くんの父と保険会社の謎にもじりじりと迫っていました。アガタさんがいい感じに不気味ですこと。会長は悪い人じゃないっぽいですね、社長に引導を渡そうとしていました。船越社長は何を焦ってるんでしょう。…というか、伊東人事部長は西田敏行会長の娘!?そんなの出てきましたっけ、と思ってたら突然出た話みたい。そこも広げちゃうの!?収拾つくんでしょうか。ハラハラ。