storymore!

ドラマを、もっと!

『コンフィデンスマンJP』5話感想。医療モノやるとほんとに視聴率は上がるのか?

ワンマン理事長マダムの経営する大病院、その息子は医者だけど見た目がかっこいいだけで手術は人任せ、腕のいい医者が影武者をしてくれていたが辞めてしまって…、という話でした、が。

 

理事長(かたせ梨乃)はワイロ受け取りまくり、息子(永井大)も悪い奴ではなさそうだけどグッドルッキングだからちゃらちゃらしてるだけ。

理事長をいかに倒すかって話…かと思いきや、ダー子さんとボクちゃんは医者に扮して、理事長が病気だと偽って、手術を決行ー!ドクターXの曲かけていいの?他局!と思いましたが、ドクターX自体そういう趣向あるからいいのか。もしくはちゃんと許可を取ったのか。

 

ダー子さんたちは違う手術の映像を流してごまかす、はずが結局手術をする羽目になって、辞めさせたあわれな影武者を呼び戻し…た、はずが!笑

影武者、腕はいいけど身だしなみも悪く態度も悪く患者をバカ女とか言うタイプの性格最悪の医者でした!っていうところがこのドラマだなーって思いました、大病院の金持ちに病院を追われるかわいそうな目にあった誠意ある医者…って普通の話にしないところ。

理事長がほんとうに自分の手術をしてほしかったのは、患者さんのために本気で涙を流せる医者、優しすぎてメンタルが弱いけれど技術はあるはずの、息子だったのでした、と。

 

…ってそれはいいんだけど山田孝之ー!

ジョージ松原ー!

「こんな仕事引き受けていいのか?」「あんたは絶対に仕事選んだ方がいい」って東出くんに言われる山田孝之。最高。最高の登場。ニセの内臓作った造形師として手術台の下からぬるっと。

 

今回は全然悪役倒さなかったし、最終的には息子もビビッて逃げたことで理事長は息子への期待をやめることができて(息子はやりたい仕事ユーチューバーへ…)、なんかいい話風にふわっと着地しましたね?

もっと最初のザ詐欺!悪役同士!みたいなのが観たいなーって思います。