storymore!

ドラマを、もっと!

『ヘッドハンター』4話感想。そうきたか!

今回は古い旅館の跡継ぎ探し!ハントされる側じゃなくてする側の依頼のお話です。そうくるのかー。

 

バブル時代に無理な投資をしまくって借金をつくった老いた四代目(伊武雅刀)…、夫婦で引退するので跡継ぎを、という話だったのですがこの男、老いてなお山っ気ありあり。ゴルフ場と提携!滞在型リゾートに!とかプレゼンする小池栄子が連れてきた外資?のオペレーターとやらの話に「それで?」「それで?」って食いつきまくりです。

奥さんは手を広げるつもりはないと言い、それぞれに別の場所で働いている息子たちは旅館なんて継ぐわけないと言い。どうする江口洋介!後継者を連れてこられるのか!?で、旅館がなくなってしまうぞと江口洋介もとい黒澤は、三男に「人間いくつになろうとどこに行こうと、思い出がなくなるっていうのはさびしいもんですよ」と語りかける…、誰かの回想、子どもとキャッチボールする男性の姿。

しかし三男は、借金は兄弟たちが土地を売ったり頭を下げてまけてもらったりして必死で返した、親父は危ないときに株式の名義を勝手に移したりした、と文句しかありません。

 

で、黒澤さんは伊武雅刀に、次の世代にバトンを渡すのも大事なんじゃないかと言います。昔は失敗しても次があった、今はない。それは時代がよかっただけで、度胸の問題じゃない。時代の良さを自分たちの力量と勘違いして抜け出せなかったあなたたちが今の時代をつくってしまった。

…とまあ、黒澤さんはガンガン言ってますが、そのせりふは効いてるようで効いてないのか、小池栄子に取られそうだから嫌味言いにきたのかって言い返してるくらいだからまあ、やっぱ効いてるのか…?

でもまあ、突っぱねられますよね。

 

そして勝負あったかに見えた、のですが。

 

和室に白い布かけた机四角に並べて、小池栄子たちも勢揃い。

泣き落とし系でやっぱり息子が継ぎます~~ってくるのかな?と予想したんですが、黒澤たちが連れてきたのは、まず旅館の顧問弁護士。そして、息子たち。東京にいる三男だけでなく、海外にいた兄たちも。で、

「臨時株主総会を始めたいと思います」

三男が口にしたのは、取締役解任決議案。つまり、父を社長の座から引きずり下ろす。賛同の方はお立ちください。立ち上がる兄弟3人、そして奥さん!そうきたか…!きょとんとして、その後空気が抜けるように急に老けた気がしました、伊武雅刀。俳優さんってすごい。

 

息子たちと抱き合って、身体に気をつけて、ありがとう、と言い合う奥さん。お母さんはいい関係を築いてたんですねえ…。三男は会社がやばかったので、それも黒澤さんの助けになったようです。ただ、三男は知識も豊富、きちんとした事業計画を仕上げました。ずいぶん前から気にかけていたのでは、と言う黒澤さんに対して伊武雅刀、「…いや。野心だろう。俺に似たんだ…」と。

 

はー、予想を裏切られておもしろかった!

 

ところどころで見せられていた誰かの回想の映像、旅館の親子ではなくてヘッドハンター黒澤の幼い頃っていうね。最後の最後でわかったんですけども。自分の思い出の場所を守ろうとしていたの…か?

銀行員だった父が不正で捕まった、という過去もちら見せ。

いろいろ不穏な雰囲気をところどころで出してくるんですが、それもなかなかつかめません…!