storymore!

ドラマを、もっと!

『あなたには帰る家がある』4話感想。おとなしそうな女の宣戦布告、やばいよね

帰ってくるなと言われた佐藤(玉木宏)が恐る恐る家に帰ると…、娘と妻マユミ(中谷美紀)が大爆笑。その雰囲気に、雨降って地固まる?と期待しかけた夫でしたが、妻は娘がお風呂に行った瞬間顔が凍る。…ですよね。ハワイ行こう、食器洗い機買おう、とかなんとか機嫌を取ろうとするものの、小遣いなしを申し出ても笑ってもらえない夫。娘にバレて傷つけるようなことがあったら殺す。とまで言われてしまいました。かわいそう…ではない、ないな。うん。以後もご機嫌取りのために料理して洗濯してバタバタしている夫ですが、まあ、そんなに慌てて家事に手を出したってすぐ上手にできませんよね。

 

元同僚にはまだ夫の浮気相手は若い女だと思われていて、ふらーっといっただけ、女として負けたわけじゃないから!と励まされるマユミ。

浮気される方にも原因がある、と言われて、茄子田(ユースケ・サンタマリア)をやけくそ気味ににやにやしながら見つめるマユミ…、そうだよね、ブーメランだよねその発言。そして夫が茄子田家に打ち合わせに行くと聞いて気が気じゃなかったのですが、佐藤はメアリージュンを伴って行ってました。よしよし。でもそれで気が気じゃないのが茄子田妻(木村多江)ですよね…!?

おーこわいこわい。動き出しそうな予感です。

 

そしてマユミ、佐藤に茄子田妻へ別れの電話をさせます。見ている前で。でもはっきりそこで別れるとは言えずじまいの佐藤。だらしないやつめ!

話すためにと待ち合わせをしたので尾行するマユミですが、喫茶店の前で電話に出た佐藤はどこかへ…。そこは!シーサイド!ホテル!…ま、一応庭園でしたけども。手作り弁当(トルティーヤ)でしたけども。参観日みたいなきれいな格好してて、茄子田妻、こわいなーって思いました。

なんかあったんでしょ、って茄子田妻から話振ってもらってやっと、もう会えません、って言った佐藤。その腕に触れて茄子田妻、

「あたし、…しあわせでした。あなたといた時間が、一瞬だけでも」

…立ち上がる佐藤、歩き出して、振り向いて、見つめ合うふたり…!

 

って映画のラストシーンかよ!

 

マユミの的確すぎるツッコミ!それ思ってた!めちゃくちゃ主人公じゃんって思った!ありがとうマユミ!

たまらず元同僚を呼び出したものの、元同僚がさらっと不倫を告白。彼、奥さんとごはん食べるから~っていうほんとさらっと。あぐらかいてる間にすれ違って、自分の家庭でもらえないものを外でもらう…。元同僚、不倫してるからって容認するようなこと言って!

しまいには夫婦共通の知人であるカレー屋が夫の不倫を知ってて黙ってたと気づいて、ストレスMAXで胃が痛くて倒れたマユミ。 

心配して急いで帰宅して、ママとレイナがいなくなったら耐えられない、二度と会わない、と言った、やり直させてくださいと頭を下げた夫を妻はなんとなく許した…のかな?

 

それで一旦落ち着いて、元同僚にも浮気相手は年上だったと告白、でも別れたんでしょ、マユミは今も昔もいい女だよ!って励ましてもらって、…たところに木村多江から職場に揚げたてメンチカツの山という差し入れが。メンチカツ!佐藤の好物!挑戦的ー!

 

そしてファースト直接対決へ。

茄子田家へ、夫を許せるかわからないけど別れるつもりはないと言いに行ったマユミ、しかし茄子田妻は、あなたは誰かを許せるような人間なの?許しを与えられるようなご立派な人間なの?と。バーベキューのときの料理や洗い物のやり方がひどかったことやらついでに言われ、妻の務めも果たさずに要求ばかり、彼の繊細さやさみしさもあなたじゃ癒してあげられない、ヒデアキさんかわいそう、いやー酔ってる、酔ってますね。 

 

それだけ散々言われたマユミの第一声…、「は?」 

 

浮気された方にも原因が…あるわけないだろ!!!とブチ切れで言い返し、二度と家族に近づくなと宣言して去ります。家から出てきたところをしかし、茄子田が見ていて…。

セカンドバトルの予感!