storymore!

ドラマを、もっと!

『シグナル』3話感想。早く謎解きしてほしい…

やっと救えた女性…、早くに亡くなってしまったとは…。

聞き込みに来た吉瀬美智子に水をかけるご主人。奥さんは怖い思いをしたのに、警察が未解決事件を掘り返すから、早く死んだと。しかし、娘さんが追いかけてきてくれました。事件のとき、母のお腹に自分がいた。あのときの刑事さんがいなければ、母も自分も、この世にいなかった、と家族写真を見せて話します。

あのときの刑事…、大山さんですね。

 

なかなかうまくいきませんね。せっかく過去を変えられるのに、救えたのに。

 

しかも最悪なことに、彼らが再捜査を始めたせいか、現在において新たな被害者が出てしまいます。なんてこと。これ、死んだのは犯人の関係者…っていうことですよね?

 

それでも過去が変わると確信し始め、そしてそれは自分と大山(北村一輝)以外にできないと気づいた三枝(坂口健太郎)は行動します。無線がつながる時間は決まっている。その時を待って、語りかけます。あなたしか、事態を変えられない!

大山が定期的に会っているらしき元薬物中毒?か何かのギャルは、どう事件に絡んでくるのか…、と思っていたら、なんとこの連続殺人の被害者の一人!その名前を聞いた大山、折悪く刑事仲間に手錠で壁につながれていました。

でも!引きちぎって!外へ出た!

やるな…!

 

しかしホワイトボードの文字は変わらず、焦る三枝。 

というところで3話は終わりました。未解決事件、いくつもあるなあ。次回でこの事件は一旦終わるんでしょうか?最初は長谷川京子の事件で引っ張るものと思っていたので、いくつもの事件を解決しながら進むとはびっくりです。

あと大山さんの生死がまだ全然出てこなくてわからないのでもやもやしています。

 

\FODで観られます!/

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

↑テレビ関連のブログは6000以上!ランキング登録しています。