storymore!

ドラマを、もっと!

『Missデビル』3話感想。菜々緒、ゴス?パンク?ってくらい目元が黒いですよね

悪魔ですが何か?

 

船越社長に対して斉藤くんの父鶴見慎吾が、あのことは言ってないから安心しろ…的な発言をしたところから始まりました3話。匂わせますねえ。

斉藤くん(佐藤勝利)は今回、損害サービス部なる部署へ。仕事振られてそれベストですかね?とかグダグダ文句言って仕事しないモンスター若手社員と、うちの部署は働き方改革ガンガンやってます!って調子よく上にはいい顔して実際は下に押し付ける上司、そいつらに挟まれちゃった金子貴俊。

モンスター若手見たことあるなーと思って、前田公輝さんという俳優さんなんですが出演歴をウィキペディアで読んだら、そうはいっても観た作品は『今からあなたを脅迫します』くらい…?そのときも確か、なんか腹立たしいボンボンだったと思います。それで今回はSNS更新しまくるタイプのムカつく若手…、上手でした。ムカつきましたとも。僕が処理しきれないんじゃなくて課長の仕事の振り方がおかしいってとこありますよね?とか。直接的でない、遠まわしな歯向かい方と逃げ方。ムカつくー!

 

というかこの会社ガタガタですね。大きな組織ならばそれだけたくさん人がいますし、そうなるとどこを見ても人間関係がまったく歪んでないってこともないでしょうが、にしても腹立たしい事案多い。 

 

椿眞子(菜々緒)と伊東部長(木村佳乃)はまーた対立してましたが、働き方改革が金子貴俊みたいな立場の社員を追い詰めるって考えたことない?っていう椿さんの問いかけは…、ちょっと頷いちゃうところでしたね。

 

金子貴俊が疲れ果てて死んじゃうことを心配する斉藤くん。飛び降りるかと思われたそのときモンスター若手が通りかかって金子はナイフ持って襲い掛かって斉藤くんは駆け寄ろうとして、あらららら!と思ったらまあ、案の定椿眞子が颯爽と現れて金子蹴り倒して、何が何だかな若手をお黙り!って追っ払って、…ひと段落。

金子貴俊は伊東部長にお世話になった営業部時代、顧客を思うあまり書類を書き換えていて、部長のおかげで大事にはならなかったんですけど、というわけであなたには辞める権利があります。の発動!

 

…もともと善人の人がどんどん去っていくことになりませんかこの会社…?悪も去るけど善人も去る。

 

で、悪チーム。

金子が辞めて、伊東部長に向かってお調子よく金子の上司が私が頑張るんでーへへへーってやってると、伊東部長は

「誰なんでしょうか。彼が辞める原因を作ったのは」

…で、考えてください、わたしも考えます、と。こっちはあんまり成敗されなかったですねー?上司がこれでは繰り返すんじゃなかろうか。と思ってしまいます。

 

一方でちゃんと成敗された、モンスター社員。

さびしいっすよね~とかのんきに現れたモンスターに、慌てた様子で近寄ってきた同僚。お前の裏垢ばらまかれてる!と。経費使った~会社潰れろ~同僚死ね~みたいな画像が続々。あっほんとこいつバカですね…!

ばらまいたのは人材活用ラボの女の子です。後ろで椿眞子がニヤリ。人材活用ラボの人、こんな暗躍してたのか!みんな何していいかわからずあの部屋でだらだらしてるのかと思ってました。斉藤くん以外の人もちゃんと働いてたんですね。

 

金子貴俊はその後いきいきと和食屋さんみたいなところで修行していて、木村佳乃もその姿見たらうれしそうで、まあめでたしめでたし。給料がアレして家族は大丈夫なのか?とかいろいろありますが、苦しい職場でなくなったというのは大きいですよね。

 

沖津さん(和田正人)は今回もやけに情報通なところをちら見せするにとどまりましたが、若手飲み会に入り込んでたのかわいかったです。活躍しないかなー?

 

にほんブログ村テーマ **** テレビドラマが大好き ****へ**** テレビドラマが大好き ****