storymore!

ドラマを、もっと!

『正義のセ』3話感想。まさかのプロポーズ展開

今回の被疑者は結婚詐欺師。いかに詐欺であったことを証明するか…というお話です。1000万円を受け取っていないと言う被疑者、親に借りてまで1000万円渡したと言う被害者。 

 

難しいんですね…、結婚詐欺の立証って。

証拠が残ってることに関しては、それはちゃんと返すつもりだった忘れてた!とか言って。愛してるだなんだはほんとの気持ちだし、嘘じゃないって。 

渡したはずの札束のありかがカギとなりましたが…、レシートを調べ直していた吉高&ヤスケンさんがスポーツジム的なところのレシートから、ロッカーにあるのを発見!…警察何してた! 

悪役がもっと腹立たしい人間に描かれててもよかったと思いますが、 まあそこはね、家族で観られる安心ドラマって感じで。

 

しかし、プロポーズされた大事なデートのディナー中に被疑者を発見、尾行するためにレストランを飛び出していく吉高由里子…、いくらまっすぐ向こう見ず無鉄砲、みたいな子でもそれは、それはちょっと。

仕事と俺とどっちが大事?とか結婚したら仕事辞めてとか言われるんじゃないって思ってたら…笑って許してくれた…と思ったらフラれたー! 

「ああいうことがあって、かえってよかったと思ってる」「気持ちがよくわかったから」「今のりりこにとって、検事の仕事がすっげえ大事なんだなーって」で、ここで前回のプロポーズの返事をしようとする吉高由里子に「別れよう」…、結婚すれば仕事をセーブしてそばにいてくれるんじゃないかと思ってた、あんなに必死で頑張ってる姿見て、俺と仕事どっちが大事なんて言えない。ずっと応援してる。

…えー!?

ええー!?

応援してるとか言うなよ…。

俺は仕事はそこそこでにこにこそばにいて家のことやってくれる子がいいわって正直に言えよー!(曲解)

 

まだ名もなき俳優さんが彼氏役って時点で、別れるなとは思ってしまってましたけども。アンナチュラル的なね。傷心の流れ?で事務官ズの憩いの場の居酒屋に行った吉高由里子かわいい。安田顕といい雰囲気になったりするんでしょうか、それはそれでナシだな。安田顕はすきですけど。 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ