storymore!

ドラマを、もっと!

『ヘッドハンター』2話感想。しょっぱかった

あなたの値段、知りたいと思いませんか。

 

吸収合併された会社の社員で、しかし現会社でも役員にまでなった高嶋政伸と、その部下となった古くからの親友。親友がヘッドハンティングされて、高嶋政伸は…!?

高嶋政伸、昔の会社の魂を誇りにしていて、トイレでオレハデキル…的なことをブツブツ唱えてるんですよね。こわい。いつもの怪演出てる。

親友を引き留めるために古い契約書引っ張り出す高嶋政伸に、問いかける江口洋介。一体何が大事なのか。会社?プライド?家族?…仲間?

 

営業は人生そのもの、それを“誰か”に見せたい、と言っていた高嶋政伸。…しかし現実は、親友からは嫌われていたし、「会社は家族」と言い続けてきた後輩たちにも嫌われていて…。ああ。彼の誠意とかはきっとホンモノだったのに、なにも伝わっていなかった。空気が読めない人、って扱いだった。確かに「会社は家族」なんて言われてもわたしも困るし、現代らしくないと思うけど、根本は悪い人じゃなかったのでちょっとしょっぱい気持ちになった結末でした。

高嶋政伸を嘲笑ってた若手たちに向かって、江口洋介が、長いモンに巻かれるしか能がないガキが、結果だけ見て批判するしかできないガキが、って言い放ってくれたのはでも突然小気味よくてびっくりでしたよね。ヘッドハンター、実はいいやつなんでしょうね…?

 

小池栄子と戦うかと思いきやなかなか戦わないなー!さっぱりして有能な女性で、素敵です。すきです!でも栄子は江口洋介の情報集めてるみたいなんで、今後に期待です。「潰すの」って言ってましたし!やれやれー!栄子活躍しろー!

 

徳永えりさんという女優さんが江口洋介の会社の社員をされてるんですが、なんかいいですね。デキる能力があるみたいなのになぜかこの職場にいて、ちょっときつくて、ひょうひょうとしてて。でもなんだかかわいい。素敵です。

あと平山浩行さんがなんか江口洋介の過去を知る?情報屋?みたいなポジションで出てるんですが、まだまだ謎ですね。どういう関係なのか、江口洋介は何者なのか。 

 

内容に対して長さが足りてない気もしますが、けっこう楽しみな大人のドラマです!

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ