storymore!

ドラマを、もっと!

『おんな城主直虎』49話「本能寺が変」感想。ラストへの詰め込み感がすごい

輪になってこそこそするチーム家康が愛しい感じの49話!穴山さんの目をごまかすための茶番ぶりがなかなかよかったです。直虎途中参加なので前半知らないんですが、それでも菅田将暉登場以降、急にちょっとコミカルさの分量増えてませんか?菅田将暉成長後の数話は人があんまり死ななかったからかな…。かわいさがあってすきなんだけど、ドラマ全体通してだと浮いてそうだなと思います。

 

しかし、あれは穴山さんを家康たちが討ったってことで…?いいんですかね…?そういうことやるんだ、意外。そしてダークな笑みの六角さん…!六角さんが台頭していくとこも見たかったなー。

 

あと、信長の真意はどうだったのか、っていうところもわからなかったんですが。ちょっと流し見してたからですが。家康を殺すつもりはなかったってことですよね?それどころかほんとにただいい兄貴分だった?残念すぎる…残念がすぎるー!最初喋り方が引っかかったけど、さすがにかっこいい信長だったのでほんと、死ななきゃいいのにな~って思って観ておりました。

光秀も、まあなんか謀反への動機がわからなかったんですけど、ってまあ直虎主役のドラマなんでそこらへんしっかり描かないんでしょうけど、光石さんでよかったです。本能寺にあり、の言い方とか、そのへんの解釈っていろいろあると思うんですけど、渋めの良い光秀でした。叫ばない派の光秀。賢そう、歌詠みそうだった。

 

そうそう、ちょろっと出てただけですが、辰巳さんの関西弁すきです。他にも何かでしてたっけ…?なんか覚えのあるような関西弁。

 

頭登場は、…いるのか!?って思いましたけど今回!すきだけど物語には必要ない気がします。まあでも、直虎が教えたことが生きてるというか、子どもに文字とか教えて今後その子たちが居場所を作って生きていけるようにしてるんだなとか、直虎が主役ってことを思い出せばそうか、成果として見せる必要があったのか?な?わかりませんが。いろいろ突っ込みたくなるドラマだった…。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

↑テレビ関連のブログは6000以上!ランキング登録しています。