storymore!

ドラマを、もっと!

『フリンジマン』10話感想。まさかのともちんが!

教授が出張(愛人の原石探し)のため、暇を持て余すアホ3人。夏美さん(MEGUMI)が麻雀の面子に入れてくれと言ってきて、話の流れで料理教室のチラシをもらい…。

しかし!それは東幹久の策略…!?

今回の愛人作りのテクニック

料理教室に参戦した3人。そこで原石探しに使ったのは…乾杯の法則

あえて女性陣とグラスが当たらない位置に席を取るというもの。自分から乾杯しに行かないこと。グラス同士が当たるまでグラスを近づけてきてくれる女性が…愛人の原石!

…遠すぎて 誰も来ないんじゃ?って距離にいましたが、グラスを持って歩み寄ってくれた女性が3人!

 

お嬢様、阿川久利栖(26)ともちーん!

ナース、湊谷かなえ(29) 

インテリアデザイナー、田辺恵子(30)

 

ここからは個人戦。3人バラバラで、これまでに教わった法則を使って女性たちとトークをしています。こなれたなー!

大東くんは楽器を1フレーズ弾けるようにしていたことに倣って、ワインが苦手そうなともちんにカクテル作れるよ♪みたいなふりを。

 

しかしその後、大東くんがせっかくマークしていたともちんを満島が奪おうと…?

すると焦る大東くんを東幹久、もとい江戸川がサポート。使ったテクニックはミラーリング効果! 人間は似た思考の人に親近感を抱く、というもの。ラタトゥイユ作ってるんですねー僕と大東くんもなんですよ!という小芝居。さらにはトークを誘導して、地中海料理のおいしいお店知ってるから3人で行きましょう、と。こなれてるー。

怪しい江戸川

江戸川、満島の横入りを見ていて、フェアじゃないと思ったから手助けしてくれたそう。しかも地中海料理の店に自分は行かないというアシストぶり!大東くん、心酔する勢いです。

江戸川は、不倫には愛が必要だ、と教授とは真逆のことを言います。

それが気になりつつも、江戸川のアシスト通り、ともちんとふたりっきりでご飯に行き、さらには江戸川のアシスト通り、飲んだ後に雰囲気のいい場所があると言われたところへ…。着いてみると、まーみんなイッチャイチャしている場所でした!公園?川沿い?よくわかりませんが。

江戸川の解説によると、インドの全裸祭りクンブ・メーラで次第にみんな裸になってしまうように、集団心理が働いてそこでは必ずキスができる!とのこと。

 

で、ともちゃんが…キスを…!

 

ほんとにふつーにすると思わなかったんでびっくりしました、するとしてもこう…カメラの死角とか、した風、みたいな。アイドルだったのにねえ。

またバラバラになる愛人同盟 

調子に乗った大東くん、もう教授には従えないと言い出します。この人たちすぐバラバラになるな…。 

残された満島と安吾、教授に大東くんは変なやつに感化されてしまったのだと説明。すると、教授は江戸川のことを知っていました…彼の通り名は、毒蜂料理人バズ・コック!… なんだそれ…!

甘い言葉で近づきすべてを崩壊させる男で、教授の友人もやられてしまったそうです。離婚させるとかそういうのでしょうか。大東くんの奥さんの不倫疑惑もそういえばあったなって感じで出てきましたし。不倫させといて奥さんにばらすとか?しかし愛人作りと言いつつ全然愛人できないまま、あとラスト2回くらい!なんだかんだで愉快に観てたので、終わりかたもたのしみです。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

↑テレビ関連のブログは6000以上!ランキング登録しています。