storymore!

ドラマを、もっと!

『刑事ゆがみ』9話感想!二階堂ふみの贅沢な使い方

 

事件の概要

資産家の薮田という男が殺された。風呂に溜められた熱湯の中で、身体は傷だらけという状態で。「積年の恨み、ここに晴らす」と書かれたノートの切れ端が発見されたことから、怨恨による殺人事件と思われる。

第一発見者である家政婦(二階堂ふみ!)によると薮田は妻と離婚、息子も亡くしており、他人と付き合わず家にこもって暮らしていたらしい。

 

薮田は一体、誰に殺害されたのか?

真相…ではなく次回に続きます

薮田の息子の部屋には、“ロイコ事件”の横島不二実の小説がずらりと揃っていた。

そして調べを進めると、薮田の息子・晴男は近所の認識では失踪。医学部に入学できず、薮田に怒鳴られているところを目撃したという話もあった。

 

菅能が、横島不二実の未完の小説『聖なる夜空にサンタが舞う』の内容と酷似していると言い出す。小説になぞらえて息子が父親に復讐したのではないか?と話していると、ノートの切れ端に息子の指紋があるとわかり、これは間違いないと盛り上がる。

しかし弓神は、どこか懐疑的な態度を取っていた。

 

家政婦が薮田の家の壁にかかっていた絵画を盗んだことがわかり、取り調べをする羽生。家政婦は薮田の家を外から見張っている男を見たと言い、タクシーの運転手も別の日に薮田の家から男が出てきたのを見たのだと話す。

しかしタクシー会社でドライブレコーダーの動画を見ても、それらしき映像はない。

 

薮田の全身の傷は死亡後につけられたもので、小説のようにいたぶりながら殺したわけではないと判明。小説の通りなのか?そうではないのか?

小説はこう続く。主人公は父親殺害後も犯行を重ねる。自分を裏切った女友達を襲い、最終的に刑事を殺す…。

 

 

タクシードライバーから羽生に連絡が来て、ちょうど薮田の家の前を通った時間帯の映像は何者かの細工によって消されていたことがわかる。弓神を疑った羽生は、弓神の後をつける。弓神が人目につかない場所で会っていたのは…死んだはずの横島不二実!

 

薮田の元妻の話を聞く羽生と弓神。元妻は息子の失踪当時、うつ病を患っていた。失踪後に一度自殺するという電話があり、警察に連絡。その後、失踪をほのめかす置き手紙が見つかったので、自殺は思いとどまったのだと思う、と話す。

 

息子は生きているのだろうか?しかし、殺害現場にあったノートの切れ端は、薮田の息子のノートのものと発覚。指紋はついていて当然だったとわかる。 

ロイコ事件と今回の事件との関係を疑う羽生。過去の報告書を見ていると、横島が焼身自殺したのは、薮田所有の別荘だと書かれていた。

さらに、ノートの切れ端から横島の指紋が出た。横島は生きている。焼身死体は、薮田の息子・晴男なのではないか。薮田の日記には、妻のために十字架を背負う、という内容があった。それは、息子が自殺した事実を隠し、嘘をつくことにしたという意味なのではないか。

 

弓神の回想。別荘らしきところに駆けつけた弓神。黒焦げのかたまりを前に、声をあげて泣く薮田の姿…。

 

ヒズミが病院に運ばれていた。病室で、ドライブレコーダーの保存されていた映像から、薮田の家の前を歩いていたのは横島だったと判明。ロイコの部屋の管理人からコンタクトがあり、管理人と会っていたヒズミ。意識を取り戻し、弓神を見たヒズミは声にならない声で叫ぶ。

「人殺し」 

弓神は、羽生らを振り切って逃走した。

ネタバレ感想

犯人は薮田の息子だっていう線で盛り上がるみんなをよそに弓神が皮肉な笑み浮かべてたのは…、息子が死んでることを知ってたから。ということですよね!?

それだけ言うと弓神が悪いやつっぽいですが、給料前借りを頼んでたのはたぶん、ヒズミちゃんをロイコ事件から遠ざけるため…。犯人が生きてるって思って怖がらないように、薮田の息子の焼身自殺を利用して犯人が死んだことにした?

となるとでも、普通に横島と会っていた意味がわかりません。あと事件前からヒズミ家族と交流があったということで、そのあたりもポイントになりそうです。難しい~。

 

また描かれてないシーンがちょこちょこあるんだろうなー!実はこんなことしてました、みたいな!弓神さんが羽生くんに演技を頼んでて…とか。

っていういい方向にいけばいいけど、偽装したのが真実なのは免れられない感じなので、辞めちゃうのかなあ。シリーズ化してほしいくらいの刑事ものなのに残念です。

storymore.hatenablog.com

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

↑テレビ関連のブログは6000以上!ランキング登録しています。