storymore!

ドラマを、もっと!

『明日の約束』6話感想。宮崎先生がいい先生だった代わりにミッチーが…。

ハラハラするから観たくないくらいの勢い…!でも気になる!

あらすじ

公式ページからの引用です!

1年生のバスケ部員・圭吾(遠藤健慎)が不登校の末に謎の死を遂げた。日向(井上真央)がスクールカウンセラーを務める椿が丘高校は、イジメによる自殺だと連日マスコミから激しいバッシングを浴び、さらに圭吾の母・真紀子(仲間由紀恵)がバスケ部内の暴力を告発したことで、騒ぎは日に日に大きくなっていく。

 

そんななか、亡くなった圭吾がたばこを吸っていた先輩部員の大翔(金子大地)を脅迫していたことを知った日向。温和な性格の圭吾がなぜ――日向は脅迫が本人の意思ではなく、真紀子の指示だったのではないかと疑うが、圭吾の担任の霧島(及川光博)は、事態を穏便に収めるため、憶測で騒ぎ立てないよう日向にくぎを刺す。

ところがその矢先、真紀子が「一度、2人きりで話がしたかった」と、突然日向の前に現れる。真紀子は、不登校を理由にたびたび圭吾に接触していた日向にも死の原因があると怒りを露わにし、訴訟の準備を進めていると告げるのだった。

 

その頃、学校では大翔が何者かに襲われ重傷を負っていた。バスケ部顧問の辻(神尾佑)に続き、またも起きた悲劇――。変わり果てた大翔を最初に発見した希美香(山口まゆ)は、現場から逃げていく犯人らしき人物を見たと話し、その証言を聞いた日向の脳裏には、ある人物の顔が浮かぶ。

 

一方、日向は恋人・本庄(工藤阿須加)から、プロポーズを受けたものの、そこで脳裏をよぎったのは母・尚子(手塚理美)の表情。間もなくして、日向は意を決して尚子に結婚話を告げることに…。ここから娘と母との関係に変化の兆しが見えてくる。

変わり果てた大翔って!死んだみたいな言い方を…。生きてます念のため。

感想

宮崎先生が案外いい先生で…!そして話してるとこまじまじ見てたら思ったより若くて…!『先に生まれただけの僕』の女の先生とちょっと混同してました。

しかし香澄…、香澄そういう方向か…。幼なじみって出てきたけどいまいちなんで出てるのかわかんないなって思ってました。いじめの復讐をお互いに…。でもここまでして結局いじめのせいじゃなくて、香澄の復讐はあんまり意味なくて、母親のせいじゃん!ってなったら香澄はどうなるんだ! 

 

ネットの書き込み「母親が悪い」…書いたのは霧島先生でしょうか。それ見たいじめ根絶の会の人がウワァ!って顔したの印象的でした悪い意味で。これでひっくり返る…のか?

 

青柳翔記者があれこれ引っ掻き回す動機がわからないのも気になってます。

明日の約束10歳の日向へ

今日はママに一度も怒られない、偉い日向でしたね。ママの言うことを素直に聞く日向を見ていると、とても嬉しいです。

明日の約束「今日よりもっと、ママの理想の娘になる」

必ず守るように。ママは日向が大好きです。 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

↑テレビ関連のブログは6000以上!ランキング登録しています。