storymore!

ドラマを、もっと!

『明日の約束』5話感想。上野さんと田所さんは幸せになってね

「録音してある」宣言…きた!

あらすじ

バスケ部キャプテンの長谷部(金子大地)は日向(井上真央)にこれまでの話をします。

「僕は、先輩のせいで死にます」

自殺の日のメール。自分が圭吾(遠藤健慎)を死なせた、と言う長谷部…。

 

大事な話があると本庄(工藤阿須加)に呼び出された日向。

プロポーズされ、母親のことが頭をよぎりますが承諾。

 

圭吾のクラスでは、動画の件でお互い疑心暗鬼に。

田所さん(井頭愛海)は、圭吾が中学時代に

ウサギを殺したと噂されていたと話します。

沢井(渡邉剣)は、圭吾が中学時代嫌われていたのは母親のせいだと言います。

煙草について長谷部を脅していたのも、

母親にやらされていたのではと思っていたと。

 

一方どうやら圭吾の妹は、援助交際を…!?

 

圭吾の母(仲間由紀恵)らの記者会見の帰り、

日向は記者の小嶋(青柳翔)から

圭吾が死んだのは深夜2時から5時にかけてだと知らされます。

急いで長谷部のいる学校へ急ぎ、

あのメッセージは圭吾本人が送ったものではないと伝えました。

 

バスケ部は渡辺(堀家一希)が動画撮影の犯人だと突き止め、

取り囲んで文句を言っていました。

増田さん(山口まゆ)に呼ばれて日向が行くと、

渡辺は撮影はしたがネットに載せてはいないと話します。

信じられないと責める部員たちを日向は制止、

そこへ来た長谷部は、渡辺を信用する、と言いました。 

 

しかし長谷部の前に、スタンガンを持った人影が――!

感想

仲間由紀恵ー!

長谷部も辻先生もクラスの子もみんながちょっとずつ

「自分のせい」って気持ちを持ってて

…でもあの母親のせいですよねー!?

クラス編成に口を出した、担任教師を替えようとした。

父親が市教委に勤めているから先生も困ってた…。

モンペ!

母親に自分のせいっていう自覚がどのくらいあるのか。

そこが気になります。青柳翔には壊れてるって言われてましたね…。

それぞれの家族

本庄にもなにか家族の事情があるようです。

結婚について話すのをためらう事情…兄の遺影…はたして。

にしても日向。

病気のときは怒ることもなく熱心に看病してくれた、

ってなんか、いいエピソードっぽいですけど

弱ってるから優しくするだけっていうか

DV男の蜜月期?でしたっけ?それっぽいっていうか。

 

あと圭吾の妹の突然の援助交際。どうした。

まわりの先生方

意味深なミッチーがこわいんですけどー!?

ぜんぜん予想がつかないんですけどー!

 

あとは若手教師北見先生(白洲迅)、

さりげに長谷部をフォローに行ったり

理事会にも長谷部庇って頭下げたり

地味に活躍してます…虎太郎、立派になって…。

(『愛してたって、秘密はある』の虎太郎という役でした、もはや懐かしい。) 

 

そしてついに校長も!

ここ校長!

理由を精査せず事態の収束を図るのは教育者としてどうか、と。

やるじゃない…!

次回!

長谷部が増田さんにチューでもしたらどうしようかと思ったら

まあなんか案の定襲撃を受けて…!長谷部…!

 

そして予告では

「汚れてる?」という日向の言葉、

3年前にミッチーが担任してたのがもしかして香澄、

そして「そろそろケジメつけたくない?」上野さーーーん!

上野さんは幸せになって…! 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

↑テレビ関連のブログは6000以上!ランキング登録しています。