storymore!

ドラマを、もっと!

『民衆の敵』2話感想。高橋一生の…えがお…

いまをときめく高橋一生、プリンス藤堂と

デリ嬢莉子ちゃんの出会いから始まりました~!

2話のネタバレあらすじ

以下、あらすじは公式ページからの引用です。

晴れて、あおば市議会議員となった佐藤智子(篠原涼子)は初登庁。途中で会った藤堂誠(高橋一生)と新人議員用に用意された研修室に行くと、中から怒鳴り声が聞こえる。河原田晶子市長(余貴美子)が創設した新人議員研修室にベテラン市議、前田康(大澄賢也)が文句を言っているのだ。

前田は市議会で多数を占める犬崎和久(古田新太)派で、怒鳴られているのは市長の秘書、望月守(細田善彦)。研修室は市長が新人議員を囲い込もうとする手段ではと憤る前田に望月は否定している。何もかも初めての智子は理由がわからない。


しばらくして始まった本会議に智子が向かうと居眠りをしている前田を議場に発見。智子は手元の資料を丸めて前田の頭を叩いて起きるようにと一喝する。この行動に傍聴席が湧いた。様子を見に来ていた平田和美(石田ゆり子)も思わず笑ってしまうが…。

 

議会が終わって智子が研修室に戻ると、小出未亜(前田敦子)、岡本遼(千葉雄大)、園田龍太郎(斎藤司)が何やら話している。3人は智子を見つけると口々に議会で前田を叩いたことを非難し始めた。犬崎派の幹部の前田に何をしてしまったんだと…。寝ていた議員を起こすのは良いことだと反論する智子だが、犬崎派議員の控え室に呼び出されてしまう。

 

智子を迎えた犬崎は、次の議会で前田に謝罪して自分の会派に入れと告げる。答えを保留する智子に、犬崎は入りたい委員会も考えておけと伝えた。犬崎に目をつけられた智子は…。

あらすじなっが!

要するに智子、トラブルメーカーの才能を発揮してます。

己の気持ちに素直に動いてたら、トラブル起こしちゃう…っていう。

ギャグかなってくらい威圧的な犬崎センセーを古田新太!いいですね。

 

で、今回智子、実際の議員のお仕事の始まりです。

前田あっちゃんが語りで議員のお仕事を

説明してくれるという…、なんか新鮮でした。

仕事は本会議への出席と委員会への出席、あとは自由だそうです。

それだけ聞いたらけっこう暇そう?

 

入りたい委員会に入るためには犬崎の味方が必要と知り

最初は長い物に巻かれる選択をした智子でしたが、

まあやっぱり我慢できませんよねそんなの。

犬崎の奥様からのワイロ的なマノロブラニクはちゃっかりいただきつつ

しかし犬崎派にも入らないのでした!

 

ゲスト!水川あさみ! 

いじめられていた中学生のとき、この公園を逃げ場にしていた、

いじめはなくならない。だから逃げ場を奪わないでほしい。

と、議会に訴えたママ、ケイコさんを演じていました。 

 

…水川あさみがゲストってー!

すきなのでうれしいです。

ものすんごい短い出演でしたけど…。

 

で、その申し出を無視していいのか?と思ったらしい智子、

賛成したいけど本意ではない、と議会で話しだしました。

「だって、おかしくないですか?」

従わないと入りたい委員に入れてもらえないと言われた、

居眠りしていた議員が居眠りしていなかったという嘘はつけない。

「嘘ついて得するとかって、んなことゆったら正直者が損する世の中になっちゃうじゃないですか、あたしそんな世の中で子育てしたくないです」

高橋一生の立ち位置

「このド素人主婦が!政治家の苦労も知らないで!」

…っていう姿勢で来るのかなと思ったんですが、

「自分でも知らないうちにこの謎の主婦議員が気になっている…」

という方のパターンみたいですね。

なんか、主人公智子といい関係になりそうで期待できます。

うさんくさい笑顔、たまりません…。まんまと制作側の狙い通り…!

智子の一挙手一投足がおもしろーい!みたいな藤堂です。

ずっとアドバイスをくれる立場でいてくれるんでしょうか。

そうは言っても犬崎派ですから、

そのへんが今後ややこしくなってくるのかな? 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

↑テレビ関連のブログは6000以上!ランキング登録しています。