storymore!

ドラマを、もっと!

『おんな城主直虎』45話「魔王のいけにえ」感想。信康、できた息子

直虎は山賊?の皆さんのあたりから視聴している

途中も途中での参加なんですが…、

ここに来て急に大河らしい熱い展開なので感想をば!

おもしろい人たち

まずは熱い展開の前に、おもしろパートのことをちらっと。

 

徳川家に新たな男子が生まれました。

そこで若くて秀でた守り役をつけねば、と盛り上がり、

自分が守り役~!?と勘違いして舞い上がる虎松、菅田将暉。

一瞬で勘違いは解消されましたが、

舞い上がりっぷりがおもしろかった…。

守り役ってそんなに出世の目があるんでしょうかね?

 

「カーン!これはカーンで!カーンでございましょう!」

方久…、という銭金のにおいに敏感なやつをムロツヨシが演じていて、

商売になりそう!とかなるとカーンと鳴く?んですが。

なんかちょっと久々にカンカン言ってました。

お笑いパート、ありがたや。

酒井とか、家康の母とか

信長、が真意を喋ってる場面はないんでアレなんですけども。

信康の優秀さが脅威になりそうだから?

信康が冠位を断って、思い通りにならないから?

信長は「信康が武田家と通じている」と「家康に」難癖をつけてきました。

 

こーれーがーなー。

よりによって酒井(家康の部下)に向かって、

信康が通じてるんだろ?家康がやらせたのか?ん?どうなんだ?

って織田がやったのが…。

どうなんでしょう。

たまたま酒井が行ったタイミングが悪かったって流れなんでしょうか。

というか、史実なんでしょうか。

 

ドラマ的には、それを酒井が言われるっていう必然性がほしかったです。

プラス、酒井のキャラクターがもっと描かれてればここおもしろかったのではと…。

いつもへらへらしてる→信長にいい顔しやがった!とか、

もともと信康を嫌ってた→あいつまさかわざと!?とか。

 

なぜ酒井なのかっていう…史実なら仕方ないですが。

史実がそうならそうで、ここに向けて酒井をもっと描いてほしかった!

重要じゃん!

 

ちなみに家康の母が信康を斬れと言いに来たあの説得も、

いまいち家康の母っていうキャラがわからなかったものだから…、

いきなり出てきて重要なこと言うなーって感じでした。

 

内容はよかったんですけど…、

人の母とは思えないと家康に言われて

動物は家のために我が子を殺めたりはしない、と言い返したのとか

身内を人柱にして家を繋ぐ武家社会で生かされてきたからには、

自分だけやりたくないと言っても通らない、とか。

 

信康ができすぎている

さて、熱い信康ですよ。

 

涙をたたえて岡崎衆を鼓舞する信康…、

冠位を(父に並んでしまわないため?)そつのない言葉で辞退する信康…、

いざ捕らわれようとしているときも部下たちを案じ

(信長の策だろうとおそらく察して)家康が疑いを晴らしてくれるはずと言う信康…。

 

部下に愛されてるのがめちゃくちゃ伝わってしまってつらかった、

たぶん家康もそれを感じてるんだろうなーって思えた、

良い信康捕らわれシーンでした。

 

思いやる、理解し合う家康と信康、父と息子…。

できた息子だよ信康…、あのキレッキレの菜々緒という母から

なぜあんないい子が生まれたのか!

 

 

最後の最後、今川に密書が届いたシーンもよかったですよね。

「力添えせぬ理由がどこにあると言うのじゃ!」即決、かっこよかった。

 

次回はどう展開するのか…、やっと大河っぽくなって!

お話としてはしんどいけどおもしろい山場です。

 

以下は、公式ページから引用した今回のあらすじです。

家康(阿部サダヲ)の命を狙った間者が嫡男・徳川信康(平埜生成)の家臣だったことが判明し、信康の家臣である岡崎衆らは一斉に罰せられる。さらに家康の側室に新たな男子が誕生し、信康とその母・瀬名(菜々緒)の立場はいっそう弱くなる。焦る瀬名は直虎(柴咲コウ)に書状を出し、信康の嫡男を得るため側室の候補を探して欲しいと依頼する。しかしその動きは、信康の正室・徳姫の父にあたる織田信長(市川海老蔵)の知るところとなってしまう。そんななか、信長の使者として明智光秀(光石研)が岡崎城を訪れ、信康に官位を授かってはどうかと持ちかけるが、徳川家の実権を握るための作意を感じた信康は丁重に断る。安土城が完成し、祝いに訪れた酒井忠次(みのすけ)は信長から信康と武田の内通疑惑を突きつけられる。織田の言いがかりに逆らえない家康は、岡崎を訪れ、信康を捕らえる。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

↑テレビ関連のブログは6000以上!ランキング登録しています。