storymore!

ドラマを、もっと!

ドラマ『過保護のカホコ』10話走り書き感想!

ああー最終回が来てしまった…!

 

もちろんたのしみにしてたんですが、放送1時間か2時間前にこの記事読んで、ああ…!って思ったり思わなかったり。仁科友里さんの連載シリーズです。つい読んじゃう!ツッコミがたのしみで!

www.jprime.jp

さて、本編へ。

取り急ぎ版として観ながら書きます!

 

最終回のオープニングコスプレカホコはやっぱりウエディングドレスでしたね。

 

お話のポイントとしては、やっぱり結婚はどうなるのか。ですね。するんだよね結婚式?とは予想しつつ…。

 

ばーばとの思い出のとこに行く、とか言って家族を騒がせたものの、庭に潜伏してました、じーじ…。お腹の音で発見。カホコはじーじ似だったのね。

一緒にいたいんだ!って衛おじちゃんのせりふはよかったです。なんだかんだでここの夫婦も解決、でいいのかな? 

 

チェロ持って走るカホコかわいいー!糸ちゃん解決編!「大好きなものから離れちゃだめなんだよ!」っていうハジメくんの説得。そうだね。嫌いになったわけじゃないんだもんね。

父方の実家の問題は、託児所やるって方向になって以来おばちゃんが張り切ってるようで…子どもとの出会いもちゃんと伏線になるとはねー!?そしておばちゃん、ほんとにちゃんとできる女だったのねー!

カホコもそこに参加するって言い出して、そうだねそうだね、外で揉まれてこいと思わなくもないんですけど、がっつり稼いでこいと思わなくもないんですけど、家族の近くで働くっていうのが彼女らしい選択だよね…というのも思います。

 

で、ふたりの結婚のこと。

婚姻届たちまち出しますって方向に!

実家で話が盛り上がっちゃってケーキ~!とかドレス~!とかなったみたいです。

 

ママよりカホコを幸せにする覚悟…、カホコの人生に責任…、ママの愛!

重め!

カホコは立派に育ってるから、そこからはちゃんと手を離してあげるのも愛だよママー!

 

対するハジメくんは頑張る宣言。

具体的ではない。

ガンバレ…。

 

ああ、ハジメくんの施設でお仕事のこと教わったりもできるのかー。なんならこの施設で働けないのかな。人件費厳しいか。

ていうかせっちゃんケーキとか作れたの!?

すごい!でかい!ケーキ!

 

あーケーキがー!

めちゃくちゃにー!

ドレスがー!

 

ああ、ママパパの結婚記念日だから急いで結婚するって決めたのか…、そこは別にこだわらなくてもって思うけどママ目線では嬉しいのか。ちょっとわかりませんけど。

これやっぱりけっこうママの話ですよね、ママのこだわりとかの話。

あれ思い出しました、「娘に訪れるすべての幸福も災厄も母親に由来する」、ヤマシタトモコさんのHERですね。HERだいすきです。母と娘って因縁がありますよねー。

さて、結婚式。

ママが来たー!

仕切り屋として現れたー!

父方の実家の人たちは初めてこのシャキシャキしたママ見たからびっくりしてるー!

 

そしてママのドレス登場かあ…、なるほど。なるほどね。

入場は糸ちゃんの…チェロ…!

結婚式って有無を言わさずいいですよねずるい。ツッコミいれてたけど「よきかな…」って気持ちになっちゃいます。しかも糸ちゃんが演奏を…。ストレートヘアの糸ちゃん…。

指輪つけてあげるシーンで手が震えまくるハジメくんのかわいさ…。

 

ずっとカホコの手を握っていたいけど…、っていうママのせりふも聞けてクライマックス。

あー、かわいいなあカホコ。

挙動も落ち着いたし、大人になったね…。

 

一年後!

ママの実家に暮らして、ばーばのように庭仕事に励むカホコ!なんかこれけっこう幸せそう。こうやって家族とは続いていきます、めでたしめでたし…みたいな。金銭面だけがほんとに心配ですけど、そこを欠いたらけっこう人間変わってしまうとこあると思うんですけど、…でも幸せそう。託児所が軌道に乗れば、家族経営だし経費抑え目でなんとかなるのかな。単純にハッピーエンドやったー!って思いながら観られない自分がそこそこ憎い…!

 

いや、でもハッピーエンドですよ。

かわいかった。善なるドラマでした。