storymore!

ドラマを、もっと!

ドラマカンナさん7話さくっと感想!

母体の会社の上層部?人事部長?が、あんなにおしゃれでもなんでもないオジサンなのか、ガーリーセバスチャン…。

もともとは紳士服ブランドから始まった会社とかなのかな。

 

人事部長のもと、会社内のブランド統廃合されるからやばいー!ブランド潰されるー!っていう現実的な展開。この前あんな風にニックさんとショーしたばっかりなのにね。

しかし、お金にならない夢や理想も大事だ!って、媚びるのを拒むカンナさん。漫画だ。

 

一方家庭では、叱ったのをきっかけにレオンくんに不機嫌に避けられがちなカンナさん。レオンくん、義母の策略で園に送り込まれた?おねえさん先生にぴったりくっついてました。

しかし、笑顔にするファッションがすきだ…!と思い出したカンナさんによるファッションショーごっこでご機嫌復活!

合羽、かわいかったー。

マリン、浴衣、エプロン、ラッパー、お姫様と王子様、アニマル、スマイル…。

極めつけはド派手な…あれなんていうんだろう。ロンドンパンク?黒とオレンジとチェックみたいな格好でお出かけしてました。

その後もめちゃくちゃ着替えてたけど、お着替えがすきなのねレオンくん。途中でめんどくさくなりそうですが。それよりなによりあれか、お母さんが笑顔だから子どもも笑顔になれる…的な。何はともあれ、仲直りできてよかった。

 

おねえさん先生はどうやらレイのおさななじみみたいです。やっぱり時々映ってた看板の広告のモデルさんだったっぽい、でもモデルをなんかやめて?リトミックをいかして?保育をするの…?

なかなか不思議な展開です。