storymore!

ドラマを、もっと!

ドラマ『居酒屋ふじ』6話あらすじ&感想!

こんばんは、町田です。手塚とおるさん回です。

あらすじと感想

俳優・手塚とおるのワークショップを受講した西尾栄一(永山絢斗)は、全身筋肉痛でぐったりしていた。5日間ほぼダンスばかりの驚きのカリキュラムに、西尾は思わず愚痴をこぼしてしまう。
一方、開店記念日を控えた『居酒屋ふじ』では、大森南朋(本人)らがお母さんに内緒で、開店記念パーティを企画。しかし、仕切り役を任されたのは西尾。お母さんを喜ばせるために大物ゲストにアプローチをするが…。

手塚さんの、曰く「セクシャル」な動きに戸惑うワークショップ。濃い。

 

パーティやってくじらちゃんとチーク踊りなよ!ってことで仕切らされる西尾。長山洋子さんを呼ぶ大役も押し付けられますが、長山さんについて調べていると二日後のトーク収録のゲストが手塚さんと発覚。

ワークショップでセクシャリティ?を発揮?しまくって西尾は気に入られることに成功、一日付き人を願い出て、長山さんに接触成功します。うまいこと手塚さんを追っ払って、ふじのパーティに来てほしいと頭を下げるのですが…、その日は宇都宮で営業、その後茨城に行くという長山さん。

がっかりして帰る西尾、手塚さんのことをすっかり忘れてました。

なんかコミカル。珍しい雰囲気でした。

 

最終日のワークショップを終えて、急いでふじに向かいたい西尾ですが、ふたりっきりの練習がスタート。そんなもんじゃないよ西尾ちゃんのセクシャルは!

一方ふじでは、長山さんの登場におかみさんは大喜び、常連さんたちは西尾は男を上げたとひそひそ。おやじさんが企画した祭りで作った番場音頭で、チークで、大盛り上がり。

 

西尾は手塚さんとチークダンス…。手塚さん顔ちっちゃい!

それが終わって走ってふじに向かったんですけど、まあみんないませんよね。終わってしまってました。でもおかみさんは待ってくれていて、こんな楽しい夜は久しぶりだった、ありがとう、とうれしそう。かわいらしいおかみさんです。

 

篠原涼子と大森さんの謎の電話で終わりました。やっぱり何か探してるっぽい、し、時間がないということも言っていました。なんだろう。 

まとめとツッコミ

エンディングでくじらちゃんと大森さんがいろんな動きで踊っててたいそうかわいかったです。ゆるゆるっとみてたら今回は特にあっという間に終わってしまった…!手塚とおるさんは本人役での出演であんなにアレでいいんでしょうか…!

ちなみに今日の一品はちりめんキャベツでした。

次回は超能力を持った前田敦子の登場…!?