storymore!

ドラマを、もっと!

ドラマ黒革4話さくっと感想!

銀座でいちばんの大箱と言われるクラブ、ルダンが売りに出されると知って、どうしても欲しい…と思う元子(武井咲)。

 

…よくわからないんですけど、お店が大きければ売り上げもあがるんですかね?ルダンの立地がカルネよりいいとか?場所が移ると今まで来ていたお客さんを失ったりしないのかな、と思うんですがそういうもんでもないんでしょうか。

あとそんなにガンガンにリスク背負ってまでお金稼ぎたい動機もわからないんですよね、楢林も橋田も適当にあしらって転がしてれば普通にお金使うのは使ってくれそうなのに。伊東四朗さえ味方につけてれば、おいそれと手だしできそうにないし。

まあ今回はルダンが欲しいって理由があるし、前回も波子潰しっていう理由があって大金を奪いにかかったわけですけど…元子は今のお店でまだ満足してないし、邪魔する女は潰したいしってことですかね。

 

ともあれ、大手塾の理事長橋田(高嶋政伸、じとっとした男がお上手…!)を次のターゲットに決めた元子。

橋田、伊東四朗演じる政財界の大物・長谷川に無理やり料亭梅村を買わされます。橋田の裏口入学斡旋をネタに、金ならあるだろってわけです。入試の得点1点につき30万~50万円でプラスできるという…、150点ゲタはかせるために親が払うのは4500万円、橋田が仲介役として半分懐に入れると1250万円!

で、梅村を見に行くことになったものの、「真実の愛が欲しい!」橋田に襲われる元子。いやー気持ち悪かった橋田。高嶋さんはこういう怪演のイメージけっこうついてますね。真田丸もすごかったなー、怪演なんだけどもの哀しいという。

 

一方元子といい感じの安島(江口洋介)、長谷川が引き合わせた堂林グループの令嬢・京子(江口のりこ)と順調に結婚へ向かっています。打算ですので、って感じの京子を篭絡しようとしてる感じですよね…、手段は選ばないってこのことか。優しくしてるんだけど目が笑ってないぞ安島。

 

そして新キャラ、すみ江の参戦です。梅村の仲居さんでしたが、梅村がなくなれば行き場がなくなるからと元子を訪ねてきました。元子を直感で信頼できそうと思ってやってきたと言ってます、真意が他にあるのかなと思ってましたがどうやらそれもなさそう。

元子は橋田と長谷川の会話をすみ江に盗み聞きしてもらい、月末に、銀行振込1億5千万、現金5千万で梅村を売買するという情報を得ました。5千万はつまり税金逃れ的な。

 

そして週末、橋田の誘いを逃れて群馬にある安島の選挙事務所に現れた元子。鮮やかな水色のお着物!美しかったです。抱えたお花が黄色なのもまた。

しかし安島がお世話になってた先生の未亡人が出馬する事務所の近くということもあって、後ろ足で砂かけるような真似を~!と怒った人たちが殴り込み。なぜかスーツ系じゃなくて土木作業員風の男性たちでした。なぜ…?

 

再び現れる橋田。ホテルのカードキーを元子に渡して、論文を書くから弁当を届けろと。

「私が毎月この店にいくら落としてると思ってる!?弁当ぐらい届けてくれても罰は当たらん」

はーかっこ悪い!

かっこ悪いよ!

カードキーを手に、夢を実現させるために手段を選ばない、という安島の言葉を思い出す元子。

 

橋田がウキウキでホテルの部屋に入ると、待っていたのはすみ江。

お弁当を届けてほしい、と元子に頼まれて来たのです。これ、交通費。と札束を渡されて…。この金で我慢して橋田の相手をして来いってことですよね、よりによって慕ってきてくれてたすみ江さんにそんなことー!元子ー!

夜が明けて、カルネに戻ってきたすみ江は元子にUSBメモリを差し出しました。その中には、もちろん橋田から盗み出した裏口入学の全データ…。

 

わたし勘違いしてたんですけど、元子は梅村を奪ってそれを転売してお金を手にするつもりだったみたいです。ダイレクトに橋田からお金だけ奪うのかと思ってた!ルダンを買って銀座で一番のママになるのが野望みたいです。その野望どこから生まれてきたの!?予告によるとフィクサー伊東四朗ともお世話になった真矢みきママとも戦うことになるっぽいですが、そのふたりはさすがに手ごわそう。

 

そういえば裏口入学を頼む夫婦の夫が小林隆さんでしたけど、この一瞬で終わり!?後からまたその裏口云々で揉めたりして出演するんでしょうか。

 

今回はそういえば波子が出なかったのでちょっと物足りませんでした。早く復活してー!

楽天ブックス