storymore!

ドラマを、もっと!

ドラマ『ウツボカズラの夢』1話あらすじ&感想!

オトナの土ドラ最新作!

志田未来ちゃんが生きるために親切にしてくれた人の家庭を壊す(たぶん)という、おもしろそうなの始まりました。 

あらすじ

以下、公式ページより引用した1話のあらすじです。

長野県中野市。18歳の斉藤未芙由(志田未来)は母・幸恵(芳本美代子)の病室にいた。幸恵は重病を患い、もう間もなく命を終えようとしていた。母の病気が分かったのは高校3年になってからだった。この一年、大半を母の看病と家事に費やし、気付くと卒業後の進路も無い。
「大丈夫。まっすぐに生きていれば、絶対に誰かが助けてくれる」
母の言葉に疑問と、かすかな反発を感じる未芙由。母は分かっていなかったのだ。自分が死んだあと、夫の幸司(春田純一)が愛人のはるか(玄理)を家に引き入れることを。そして、その愛人と父によって、未芙由が家を追い出されてしまうことも……

 

8か月後――
未芙由は東京の高級住宅地にある一軒の家の前にたどり着く。そこは母の従妹、鹿島田尚子(大塚寧々)の家だった。
目の前にあったのは、未芙由を圧倒するような大きな二世帯住宅だった。2つあるインターホンの片方を押すと、「どなたですか?」と無愛想な老女の声が聞こえてくる。未芙由はなんとかセールスでも勧誘でもないことを信じて貰い、出てきた鹿島田久子(松原智恵子)に尚子から貰った手紙を見せる。そこには尚子の字で「あなたのお母さんにはお世話になったから、良かったらうちにいらっしゃい」と書かれてあった。
だが、久子から出てきた言葉は意外なものだった。
「わたしは何も聞いていません」
開かれたドアが固く閉ざされてしまう。

 

1時間後……やっと尚子が友人の福本仁美(国生さゆり)を連れて帰って来る。
ようやく家に入れてもらえる未芙由。鹿島田家は二世帯住宅で、久子は尚子の夫の母親だという。尚子は明るく優しかった。だが、この家で暮らしてゆくつもりだった未芙由は次に放った尚子の言葉に愕然とする。
「で、どのくらいいると思ってればいい? 一ヶ月?」

 

まっすぐに生きていても助けなんか絶対に来ない――
未芙由は、わずかな荷物と全財産の3万円を見る。鹿島田家のある高級住宅街で3万円で買える土地はたかだか片足分だ。せめて両足で立ちたい……
未芙由の中で何かが変わり始める。
そんなある日、未芙由は尚子の夫・雄太郎(羽場裕一)が部屋に愛人へのプレゼントを隠していたことに気付き……

ウツボカズラの夢、見どころ!

それぞれの愛人

愛人に乗っ取られた未芙由の実家では、保険金のことあの子に言ってないよね?みたいな会話が。最低の実の父と愛人のようです。弟は愛人をママって呼んでましたがあの子は愛人の子じゃないのにママって呼ぶようになっちゃった感じですね。無邪気な弟に罪はないけど…!

未芙由の回想では、お父さんは入院してるお母さんのことを「いてもおもしろくないけどいないと不便だな~」ですって。ワーやだやだ。他にも、未芙由は実父から愛人に、再婚はまだ早いと話をさせようとしたのに、帰ってきた父は言えなかったどころかその隣には愛人がいて、大きいお腹をさすっていたという…。このあたりのことを思い出しながら未芙由は捨てられないための策を練るようになるのです。ムカつくもんね。

で、この愛人、しまいには今回1話の最後で、スマホが使えなくて慌てて実家に連絡した未芙由に、リフォームにお金かかるからその口座から全額引き出しちゃった。と言い捨てる始末。未芙由の母親が未芙由のために作った口座…!

とことんひどいです。

 

雄太郎の方はというと、愛人にホテルで靴を磨かせてます。愛人、めちゃくちゃ無表情ですけど…。街で何やらたくさん買ってもらってたときは笑顔だったのに…!こっちは女の方が単にお金だけ目当てっていうパターンのようですね。

未芙由の行動!

配達されて届いたごちそうをがさーっと捨ててるのを見て、冷凍しとけば、しときます、ってなりました。これ、役に立つ第一歩です。

そしてその後、お母さんはまっすぐ生きてても誰も助けてくれなかった、と思うに至った未芙由ちゃんは何かしなくてはと決意。翌朝、コーヒーができてなかったことに始まって、掃除や洗濯について朝から揉めている鹿島田夫妻を見て、そこに割って入る未芙由ちゃん。置いていただく代わりに、家事をやります。なんとか居場所を確保しました。

 

雄太郎から書類を忘れたという連絡を受けて机を探していて、その書類の封筒からこぼれたプレゼントらしき小箱を見てしまった未芙由。同じようなプレゼントを、実父の工具箱から見つけてしまったことを思い出します。浮気は隠したいくせに、男の人は、純愛みたいに証拠を残したがる。いやしかし実父のプレゼントだっさいネックレスでしたすみません。

とりあえず雄太郎に封筒を届けたら、帰り際に愛人にプレゼントを渡すところを目撃、未芙由はとっさに後をつけます。たくさんのお買い物、そしてホテルへ。

 

二世帯住宅に住むおばあちゃん(松原智恵子)が乗り込んできて、他人を家に入れていることについて文句を言うのを聞き、ピンチだと感じた未芙由は、雄太郎を愛人の件で脅そうとしますが雄太郎はすぐ出て行けと…。

焦った未芙由が取った行動はなんと、雄太郎に抱きつくこと!…それでなんとかなる!?

その結果、翌朝尚子が未芙由に出ていくよう言おうとしたとき、雄太郎はそれを遮りました。いいじゃないかと。う、うまくいってる! 

怪しい国生さゆり

このあたりの土地は1m四方150万、玄関のたたきだけで450万なのよ~と不敵に笑って未芙由に教えてくれた国生さゆりこと仁美。彼女は登場早々怪しい動きを…、鹿島田家の通帳とかあるようなひきだし勝手に漁ってました。2話の予告の感じだと、現金探してたのかもしれません。

あと、未芙由が雄太郎を尾行してるときにすっと現れたりもして、 浮気のこと尚子さんに話す?って言ってきたり。あやっしいです。

大塚寧々がいい人そうでつらい

仁美が浮気してること匂わせたらどぎまぎしてるし、帰って未芙由がごはん作ってたらいいにお~いって喜んでるし、ボランティアどうでした?って聞いてもらえたことが嬉しいみたいだし、ボランティアの話しながら猫がかわいそうで泣いちゃってるし。お味噌汁が幸恵ちゃん(未芙由のお母さん)とおばあちゃんちで食べた味だーって喜んでるし。

最初から家事をやらなかったわけでもなかったらしく、基本は悪い人じゃなさそうなので今後の展開を思うと勝手に胸が痛いです。未芙由がこの家乗っ取っていく感じなんでしょうきっと…?