storymore!

ドラマを、もっと!

ドラマ『セシルのもくろみ』4話あらすじ&感想!

おはようございます、町田です。

さらっとゲス不倫発覚&暴露されてましたね4話! 

あらすじ

葵(佐藤江梨子)を専属にしたい副編集長の石田(眞島秀和)と、読モから専属を出したい洵子(板谷由夏)は結託していた。そして選ばれた新しい専属モデルはふたり。タレントの手島レイナ(芦名星)と、葵だった。

 

江里(伊藤歩)は、葵と石田が同じタクシーに乗り、抱き合っているところを目撃する。密告しようと考えるが、奈央はそんなやり方で専属になりたいとは思わない、と反対した。

 

洵子のもとへ、葵と石田がホテルの前にいる写真が送られてくる。

編集部員たちの前で、編集長の南城(リリー・フランキー)に頭を下げる洵子。専属になった葵は不倫をしていことがわかりました、私の監督不行き届きです。

示した写真には、石田の姿。編集部員たちは騒然となる。「読モに手ぇ出したんですか!?」

南城はただちに洵子を副編集長代理に任命、石田には有給でも取れ、と声をかけた。

 

撮影スタジオに、葵が怒鳴り込む。「あんたがチクったんだろこのブス!」

江里はビンタされ、奈央は突き飛ばされた。葵は、写真を撮ったのは江里だと思って文句を言いに来たのだ。奈央が江里をかばう。江里がそんなことするわけない。

萌子も止めに入ったが、葵が罵る。

 

インスタババアは黙ってろよ。

お前なんかインスタのフォロワー買ってるくせに。フォロワー10万人だっけ?

その割に、いいねもコメントもいっつも1ケタだよね。

どうせ幽霊フォロワーだろ?

あんたのセレブぶったくっそつまんない写真を見たがる人が10万人もいるわけないし。

 

つかみ合いの喧嘩になったところへ洵子が現れる。不倫の証拠写真を撮って洵子に送ったのは、萌子だった。

 

江里は奈央の家を訪ね、自分も洵子に葵の不倫をチクったのだと告白した。奈央は、それも江里の必死さだったと受け入れる。それぞれに必死な中、奈央はモデルとしてどうなっていこうかと思いを巡らす。

 

江里が考えた新企画。新専属モデルのレイナの企画が通りやすいはずだと思い、レイナの夫婦デート企画を考案、併せて奈央も庶民的な夫婦のデート企画として登場させようというのが江里の策だった。

 

しかし、奈央の夫は仕事のため当日朝にキャンセル。代役として山上が夫役を務めることとなった。気の知れた山上相手に必要以上にリラックスする奈央。

途中不意に、外を通りかかった女性たちが、モデルさんじゃない?と囁く声がした。

スイッチが入った奈央の雰囲気は一変。いい撮影になった。

 

順調だった読者モデル生活だが、奈央は洵子に呼び出され、突然クビを言い渡される。

女の戦い

黒沢さん、葵たちが揉めてるところに現れて、萌子さんにお話があります&葵さんに自業自得ですよ。って静かに言ったのかっこよかったです。すっかり黒沢さん推し。

 

ライター平井さん(葵たちの担当の人)、萌子、葵の順にいつものインタビュー風の映像があったんですが、平井さんは、最悪ですよ、まあまた新しい読モ探します。ってキレ気味、萌子は10万人20万でしたよ。って半笑い、最後の葵さんはというと黙ってて、怒った顔してたのにみるみるうちに泣き出す…ここの葵さんちょっとすごかったな~!

本谷有希子原作『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』っていう映画がありましたがそれ思い出しました。エッあれ10年前の映画…?ほんとに…?

激しいサトエリは最高。

そんなサトエリの、つかみ合いの前の葵さんのせりふ、すごいよかったので太字で書き出しておきました。フォロワー10万人でいいねが1ケタって、ねえ。普通の人でももっとありますよね。あといいねも買えるんじゃなかろうか。後からフォロワー買うって何…?ってなってた奈央もよかった。

 

で、安原と承認欲求の話してて、ポテサラの奈央スペシャルのことをしみじみ話してた奈央。読者モデルなんて何者でもないという自覚、だからこそもっと認められたいという気持ち。いろいろ考えてましたね。

そこで気になったんですけど給料ないの…?あんなにがっつりやってて給料…ないの…?もうほんと街角スナップの進化版ってことか。びっくり。昔は読者モデルって確かにサービスだと思ってましたが、今時は出るのかと思ってました。

奈央、モデルになる

 

「人に見られるってことは、突き詰めていくと自分を失うことになる。自覚的に失うか、無自覚に失ってしまうか…それが生き残る人と消える人の違いなのかもしれないな…」

リリーさん演じる南城のせりふです。

ハマユカは自覚的に、幸せそうに見えるハマユカを選んで自分を消した人ですよね。奈央は自分を失ってまでモデルをしたくないと言ってましたが、今後VANiTYで生きていくためには、どういう道を選ぶのか。

 

奈央と山上のデート撮影、最初は奈央がめちゃくちゃリラックスしてて脚とかがばっと開いてたり、普通に今度テキーラ勝負しようとかって盛り上がってて、黒沢さんが江里にディレクションしたら、あれじゃ男同士じゃないの、って言ったりして。

でも、通りかかった人がモデルさんだーって言ってるの聞いてスイッチの入った奈央。よかったですね…!背筋がすーっとのびて、あとあんなに急にすました顔ができるのねっていう。肘ついてごはん食べてたのに!

 

デート撮影の前にハマユカと買い物に行ってたんですが、それをインスタに投稿して宣伝する、と言い出したあたりもよかったです。利用することになるとわかっていて、でもなんでもやっていくという覚悟の表れ。

ネタバレ!今後の展開は?

原作ではデート企画をきっかけに、夫の代理を務めた南城に惹かれていく、という展開がありました。が、その夫の代理も山上でしたし、ここから奈央の不倫という展開はなさそう。

でもそのデート企画ドタキャンのときに、奈央ちゃんのは趣味みたいなもんでしょー?って旦那さんが言ってたのが気になりますね…、協力的だったけど、そんな感じに思ってたのかーと。まあお給料出なくてやってることなら、ただの楽しみって捉えますよねそりゃ。

とか言いつつ、山上との写真を見てちょーっと複雑そうだったから…、それがこじれないといいけど。

江里が夜奈央の家を訪ねてきたとき、話しにくそうなのを察してさっとダイニングを出ていく息子くんがよかったです。あの息子くんを悲しい目にあわせないでー!

 

そう、家族関係の原作での描写は、奈央がモデルにのめりこむうち、家のことをおろそかにしていると夫に言われたり、息子の試合の日に撮影が重なって必死で時間をやりくりしたり、というものがありました。

奈央の気持ちは、原作よりドラマの方が、家族が大事!と思っているふうに描かれているっぽいので、そのへんはどうなんでしょう。どうしても試合と重なって…くらいはあるのかな。あのかわいい夫婦が喧嘩するところとか、夫が嫌味を言うところなんて見たくないですが。

 

あとは長谷川京子演じる安永舞子ですね。原作ではVANiTYに復帰して、奈央含む読者モデルたちを見下してくる強気なモデルさんです。ドラマではまだ短い出演しかないですが、なかなかいい人ぶってる感じがしてるので実はめちゃくちゃ裏がある役はあり得そう。たのしみです。

楽天ブックス