storymore!

ドラマを、もっと!

ドラマ『ウチの夫は仕事ができない』4話あらすじ&感想!

こんばんは、町田です。ウチの夫は仕事ができない。なんか前と同じパターンかな?って感じの4話です。仕事任されてるって見栄はって最後に謝る、というパターン。

 

あらすじ

司(錦戸亮)は世の中の妻たちが仕事のできない夫に対し想像以上に厳しい意見を持っていることを知り、自分も沙也加(松岡茉優)に呆れられているのではないかと焦る。そんな中沙也加は、あかり(イモトアヤコ)の夫・彦丸が若い女と歩いているところを見てしまう。絶対に浮気だと言うみどり(江口のりこ)は小林家に転がり込み「浮気は妻の妊娠中が一番多い」と主張、司と沙也加の不安を煽る。最近スキンシップの少なくなっていたことを気にする2人だが、司がキスしようとした途端、司を避けるように沙也加のつわりが始まってしまい…。

膨らむお腹みて、女に見えんよーになるんやろか!ってお姉ちゃん。言い方よ。

 

死んだ魚の…目をしてた…♪ってあの歌なんなんでしょう。シャイーン!の曲かあの曲毎回どっちかは必ずやってますね。いい妄想のときはシャイーン!で、悲しい妄想のときは死んだ魚。

一方、会社ではテレビ局の夏のイベントの準備が進む。司はメインステージの合間の小さな企画であるラップバトルを任され、土方(佐藤隆太)からは「隙間責任者」とからかわれる。その頃、沙也加から彦丸のことを聞いたあかりは、夫が浮気できるはずないと思いながらも、隠れて50万円を引き出していたことに気づき…。

司は沙也加にいいところを見せるため「隙間」企画であることを隠して、ただの担当ではなく責任者になったと見栄を張る。翌日、不審な行動をする彦丸を尾行した沙也加、あかり、みどりは彦丸の意外な秘密を知り、あかりの夫婦関係はいよいよピンチに…!?さらに、ラップバトルの参加者を順調に絞っていた司は、自分のミスがきっかけでイベント直前に相次ぐ参加キャンセルを受け隙間企画中止の危機に追い込まれてしまう…!!

 

黙って50万円は大きいなあ。

結局浮気ではなくて、税理士になろうと思って勉強始めてて、会ってた女の人はその家庭教師、ということだったんですが。なぜ税理士…?

なんの相談もなかったことに納得のいかないあかりさん。そうだねえ。

夫婦でいる意味よくわかんないしもういい、話したくない。…ちょっとキレすぎでは。

 

ラップバトルで彦丸に本音を言ってもらって万事解決!と計画する司。

しかしラップバトルがテレビ放送なしって知らない応募者が多かったせいで相次ぐ出場キャンセル。いまどきテレビなくても動画でいいじゃない!って思うけどそういうものでもないんでしょうか?

要項のトップにデカデカとテレビ放送なし!って書いとくべきでしたね。

土方さんはそんなコーナー中止だと。隙間ってからかってたくせに土方さん、隙間は空間になる、広げることができる。魅力的な空間には人が集まる。それを感じてほしかった、っていう名言を。仕事の流儀が聞けちゃいました。

 

足で稼ぐ働き者司、応募していた人を訪ね歩いて出演交渉。なんとか無事当日を迎え…、たんですが言葉に詰まる彦丸を見てあかりさんがステージ上に乱入!そしてラップ!

できる男・頼れる男と結婚したかったわけじゃない、年取ってからも楽しく暮らせると思ったから彦丸と結婚したんだ、と彦丸にラップでぶつけます。企画をめちゃくちゃ乗っ取ったね…!

 

最後には土方さんに任せてよかったと言われて、めでたしめでたし。でした。

あ、スキマ責任者なんだけど見栄張ってました、っていう謝るくだりもあったんでした。いつも謝ってますね。

感想

よく謝り合ってる…心の綺麗な夫婦…。

今回は最後にやっとふたりになれて話ができて、ってことでキスシーンもありましたが、あれ?珍しくない? 今までなかったような気がします。

 

しかし平和なドラマで、黒革の手帖に慣れてしまったので刺激が足りないなってところではありますね。でも揉める要素がないしなー、みんな善人だし。

強いて言えば、ムカつく後輩が困って司が助ける、っていう展開がいつかあったらな~って期待があります。それであの後輩が改心…、改心はしない…?それともレイジカキタニの一件でそれはもう終わったのか…。だとしたら不十分ですよ、倒しましょうよあの後輩。

 

次回は上司と対決、姉ちゃんとも対決?ケバブって呼ばれてる人が出てくるのがたのしみです。出るよね?