storymore!

ドラマを、もっと!

ドラマ黒革3話さくっと感想!

尻尾掴んでやるからな!銀座で商売できなくしてやる!と叫ぶ仲里依紗から始まった第3話~!

いいですね。ボーイにぽいって追い出されるのいい感じですね。

 

で、登場した上星ゼミナールの理事長橋田(高嶋政伸)。元子にめっちゃくちゃ言い寄ってきてます個別指導とか言って。それをあしらうんだけど、あしらわれてギギギ…って燃えてる様子の橋田…大人の対応しましょうよ。

 

そして楢林のもとを離れた市子さん(高畑淳子)にエステを経営させようとする元子。何を企んでのことなんでしょう。

一方、波子も企んでいます。銀行の次長だった村井(滝藤賢一)を取り込む作戦?村井は東林ファイナンスとやらの支店長に、支店長だった藤岡は北陸の支店に左遷。話をするつもりのない村井に、波子は女を出して迫ります。「きみ、キャラ変わったね…」とか言われてましたが。しかも何も聞き出せてませんでしたが。波子、活躍ならず!

 

そしてカルネに乗り込んできた村井。安島さん(江口洋介)の横に座るし偉そうだしピリピリしてるし。しかも波子に聞いてきたって言っちゃうし。金貸してくれとか言い出すし!はー。

 

楢林クリニックを見に行ったりと、未練たっぷりのご様子だった市子さん。前回でもう退場かと思ってたので、出てきてうれしいけれども。けれどもですよ。

そんな市子さんのところへ現れた楢林…!いそいそと果物出している市子さんでしたが、帳簿はお前がやったのかと言われて泣き崩れました。

そして後日、元子の家を訪ねた市子さん。元子に楢林のお金を返し、あなたいま幸せ?と問いかけます。一国一城の主になったつもりかもしれないけれど所詮は水商売、砂の城に住んでるようなもの、ほんとの女の幸せがわかっていないかわいそうな女とまで言われた元子。尽くす幸せって話でしょうか。まさか市子さんが説教してくるとはね…!30年愛人やってただけあるなという感じです、情の人だったんですね。

 

で、逆恨み男村井、再びカルネに登場。今度は閉店後。このときの元子の着物、夏っぽくてきれいでした。水色ベースの横縞で。帯には朝顔!

「悪党ー!」

 

村井は、元子のせいで年収が3分の2になって、積み上げてきたものがめちゃくちゃだー!って罵るんですが…年に一度の海外旅行にも行けなくなった、っていうのはすごいな贅沢言うなって思いました、きらーい村井きらーい。

元子を殺す勢いでブチ切れて襲いますが、まあ安島さんが助けてくれますよね。

 

最後は、銀座でいちばんのクラブ、ルダンが売りに出されたと聞いて興味を示す元子…、そしてカルネの前で意味深に橋田と波子が出会っていて油断ならない感じで終わりました!

 

今回、お金に勝ちたい、と元子は言ってました。難しいこと言うなー。どれだけ手に入れても勝てるときは来なさそうです。

でも元子が荒むところなんて見たくないな、余裕で笑っててほしいな。

元子を見てるとだんだん、発声の仕方すら大人っぽーい銀座っぽーい感じに見えてきまして、視聴率もそこそこいいみたいですし、その調子でがんばっていただきたいです。

 

そうそう、安島さんのお見合い相手が江口のりこさんなんですが、ウチの夫は~のヒッピーなおねえちゃんだと思うとちょっと笑えます。当然ながら衣装が全然違いますけど。

同じクールでかけもちしてる俳優さん珍しくなくなりましたよね。

しかもけっこう有名な方がかけもちするので、目についちゃいます。

佐藤隆太はカンナさんではパパ、ウチの夫では上司で出てますし、脳にスマホやってる伊藤淳史は張りネズミの1話ゲストでしたし、愛してたって~に出てる賀来賢人はわにとかげぎすにも出るみたいですし。

吉瀬美智子も、ブランケット・キャッツとセシルのもくろみがっつりかけもちですね。カンナさんの園長先生、朝加真由美さんもブランケット・キャッツ出てました。

お、おもしろい。

特に要注目は、賀来賢人さんですかね…。愛してたって~の方はアレ、不祥事起こした方の代役ということですけど、エリート父に反発するお兄ちゃんの役。一方わにとかげぎすでは、なんか家の中で血まみれで消臭剤?まいてるやばそうな役だったんで、ギャップがやばいです。

 

そういえば予告で元子が波子と村井に刺されてたのは夢オチでした。ま、そうですよね。

楽天ブックス