storymore!

ドラマを、もっと!

ドラマ『ウツボカズラの夢』8月5日(土)スタート!

こんにちは、町田です。

志田未来vs大塚寧々…!

 

あれもこれも書きたいことがいろいろあるんですが、とりあえずおもしろそうなドラマを見つけたので書いておかねば…!

新土ドラ『ウツボカズラの夢』

ウツボカズラ女とは

自分からは動かず、獲物の欲望を利用して目的を達成する食虫植物のような女。日本全国に生息。

東海テレビの番組公式ページより引用いたしました。

番組表を見ていて新番組だからなんとなく目に留まって、キャスト見たら志田未来ちゃんかー、夢叶える系の話かな?ウツボカズラってなんだっけ?と思って調べたらこんな感じですよ。

さすが大人の土ドラ枠!夜11時40分スタート!

ゲス父に家を追い出される志田未来

長野県中野市。18歳の斉藤未芙由(志田未来)は母・幸恵(芳本美代子)の病室にいた。幸恵は重病を患い、もう間もなく命を終えようとしていた。母の病気が分かったのは高校3年になってからだった。この一年、大半を母の看病と家事に費やし、気付くと卒業後の進路も無い。「大丈夫。まっすぐに生きていれば、絶対に誰かが助けてくれる」母の言葉に疑問と、かすかな反発を感じる未芙由。母は分かっていなかったのだ。自分が死んだあと、夫の幸司(春田純一)が愛人のはるか(玄理)を家に引き入れることを。そして、その愛人と父によって、未芙由が家を追い出されてしまうことも……

公式ページより、1話あらすじです。

お母さんの看病っていうくだりまでは、やっぱり志田未来ちゃん主演の優しいドラマかな?って思えたんですが早々に愛人が出てきましたね。

 

ゲスストーリーへの期待が膨らみますね…。

 

しかも、よくよく公式ページを見ると、お母さんのお葬式に愛人は妊娠した姿で現れるようです。すごい…。でも、舞台はすぐに長野から東京へ移るようなので、こんなすごいお父さん&愛人ですがもうあんまり出番がないのかもしれません。 

 

助けてくれるのかと思いきやそうでもない大塚寧々

8か月後――
未芙由は東京の高級住宅地にある一軒の家の前にたどり着く。そこは母の従妹、鹿島田尚子(大塚寧々)の家だった。
目の前にあったのは、未芙由を圧倒するような大きな二世帯住宅だった。2つあるインターホンの片方を押すと、「どなたですか?」と無愛想な老女の声が聞こえてくる。未芙由はなんとかセールスでも勧誘でもないことを信じて貰い、出てきた鹿島田久子(松原智恵子)に尚子から貰った手紙を見せる。そこには尚子の字で「あなたのお母さんにはお世話になったから、良かったらうちにいらっしゃい」と書かれてあった。
だが、久子から出てきた言葉は意外なものだった。
「わたしは何も聞いていません」
開かれたドアが固く閉ざされてしまう。

1時間後……やっと尚子が友人の福本仁美(国生さゆり)を連れて帰って来る。
ようやく家に入れてもらえる未芙由。鹿島田家は二世帯住宅で、久子は尚子の夫の母親だという。尚子は明るく優しかった。だが、この家で暮らしてゆくつもりだった未芙由は次に放った尚子の言葉に愕然とする。
「で、どのくらいいると思ってればいい? 一ヶ月?」

お母さんの美人いとこ、大塚寧々の登場。

その旦那さんのお母さんはクセモノっぽいけど、大塚寧々は優しいのかな…と思いきややっぱりそんなことはなく、一瞬預かるだけのつもりだった様子です。

18歳でいきなり家がなくなって生きていけませんよね!?つ、冷たい。

ただ、ずっと裕福で、環境にも容姿にも恵まれた専業主婦、という役どころのようなので、想像力がなくそう言っただけで悪気はないのかもしれません。

 

で、大塚寧々さん演じる尚子さんの友人役に国生さゆりさん、義母役は松原智恵子さん。このあたりの女性陣も一筋縄じゃいかなそうな感じです。

 

しかも公式ページの相関図で見てしまったんですが、尚子さんの夫も浮気相手がいるようです。

やっぱりゲスストーリーきた!

しかもお金で繋いでいる愛人関係!

愛人には本命のヒモ恋人!

もうどこからつっこめばいいやら…。

尚子さんの夫を演じるのは羽場裕一さんです。顔を見たら確実にぴんとくる…、でも代表作とかはわかりません、すみません。古畑任三郎で顔にストッキングかぶったまま殺された役の方…。

ウツボカズラ女!

で、基本は未来ちゃんがウツボカズラ女になっていく、っていうストーリーのようです。

お金持ちの家に流れ着いたのをいいことに、何もかも奪う…っていう展開になるんでしょうか!

でも、志田未来ちゃんはインタビューでこの主人公のことを、悪女ではないと思った、と言っています。悪いことをしてやろう、と思って動いていくわけではなく、東京の家で居場所を作るために、するすると鹿島田家の隙を突いていくみたいです…、悪気が無いのはよりこわい気がしないでもないですが、どっちみちたのしみー!

国民給与の実態調査(2016)によると、男性の平均給与は521万円。
対して女性の平均給与は276万円。
女性たちの人生は厳しい。
順当に頑張ったからって、報われるとは限らない。
だからこそウツボカズラな女、が登場する。
決して攻撃的では無い。でも、訪れたチャンスは逃さず飲み込む・・・
静かに成長するオンナたちの物語。

よくよく見たら、原作乃南アサさんでした。そりゃドロドロするわ。