storymore!

ドラマを、もっと!

ドラマ張りネズミ1話&2話さくっと感想!

こんばんは、町田です。なんか久しぶりに見る気がする探偵もの!ハロー張りネズミ。

瑛太と森田剛くんが、弱小事務所に所属している探偵を演じています。所長は山口智子…!

普通の9時10時あたりで探偵ドラマって珍しいですよね。深夜帯でやってたまほろ駅前だいすきです。そしてまほろでも主演だった瑛太がまた探偵役ということで…、でもまほろの探偵さんとは違って、張りネズミの探偵さんはちょっと女性に弱くてちょっとおバカなコンビみたいです。

ちょっと多めに匂わされる昭和っぽさが好みの分かれるところかも。

あと瑛太の髪型も好みの分かれるところかも。

1話

最初深田恭子の話しないんだ!?という驚きの1話。

事故で娘を失い、同じ事故で妻も重体、生死の境をさまよう妻にもう一度、娘と会わせてあげたい…、という夫の依頼。重いテーマのわりにするすると進みすぎて…、ちょっとついていけなかった気がしないでもないです。こういう風に、そんなに頑張らずして事件を解決してそのまま進んでいくのかな?と心配にすらなりました。もったいない感じ。

女の子はかわいかったです。偶然死んだ娘さんそっくりの少女を見つけるなんてちょーっとできすぎてますけど!

わたしはなぜか最後、もうどんでん返しなんてない時間帯ってわかってるのに、この後不幸な展開があるんじゃないかって想像してしまって暗い気持ちになりました。死んだ娘に似た女の子を育てる…、サイコな展開ありそうじゃないですか…、しんみりほっこりで終わったんですけど実際は。

2話

高層階の窓そんなに開くの?2話。

大きな会社の副社長を務めていた父は自殺でなく他殺だった、調べてほしい、っていう深田恭子の依頼でお話が始まります。社長が誰で政治家が誰でみたいな名前がいっぺんに出てくると覚えられません…、とりあえずはめられたことはわかりました。いきなり規模のでかい事件ですね。

 

剛くんと吹越さんの取っ組み合いはどっちも弱そうすぎて、え?すき。と思いました。

あとこんなところに出てきたリリーさん。セシルのもくろみのVANiTYでは大きい出版社にお勤めなのにねえ…!すっかり怪しい零細出版社の人でしたね。爆破されましたけどね。

 

どう楽しんでいいのかまだそんなにつかみきれなくて…、ちょっとおばかな探偵の剛くんかわいいなーと思いながらとりあえずみています。

深田恭子=蘭子さんのエピソードはでも前後編で完結するっぽいので、ここから後はどうするのかな?予測がつかないという意味ではけっこう楽しみです。