storymore!

ドラマを、もっと!

ドラマ『居酒屋ふじ』2話あらすじ&感想!

ゆるゆる夜ドラマ、『居酒屋ふじ』2話です。

 

死体役ばっかりの売れない俳優西尾が、居酒屋ふじで大森南朋さんと出会い、ふじのおやじさんのエピソードに励まされたりしながら頑張ったりするストーリー。

おやじさんの話のときだけは、人情ものみたいな雰囲気があるんですが、全体的にはテンションの低いところが魅力的。土曜日の夜にやってるところもなんかいいですね。

あらすじと感想

西尾栄一(永山絢斗)や俳優の大森南朋(本人)らが『居酒屋ふじ』で飲んでいると、俳優・大杉漣(本人)が美女を2人連れて現れる。突然のことに西尾は驚くが、大杉は『居酒屋ふじ』の常連だったことから、大森南朋らと挨拶を交わす。やがて大杉は、連れの美女2人を相手に、怪しげな占いを始め、西尾は呆気にとられる。
翌日、バイト先の配送センターで、社員の工藤俊介(村上淳)らにオーディションの結果を聞かれた西尾は、思わず「自分から降りた」と嘘をついてしまう。さらに、別の撮影現場では監督に怒られ落ち込むが、そんな中、西尾がひそかに好意を寄せている『kujira』(飯豊まりえ)から、「私も今度『居酒屋ふじ』に行こうかな」との連絡が……。ついに彼女と会えるかもと喜び勇んで店へ向かう西尾だが、それも束の間、『kujira』のインスタに男性との2ショット画像がアップされ、西尾はショックを受ける。

村上淳さんは出てたんでしたっけ!?前回気づかなかった。作業着似合うなー。

 

常連さん&大森さんにスマホ見られちゃって、くじらちゃんの存在を知られてしまった西尾。好きって言っちゃえよ、とはっぱかける感じ、なんだか新鮮です。電話は家にかけてて、好きな子のお父さんが出ちゃったりして緊張してた~っていう昭和エピソード。駅の伝言板、というわたしも漫画で見たことあるかも…?みたいな存在が会話に出てきました。シティハンターとか言っててほんと普通の会話っぽかった、ゆるゆる。

 

くじらちゃん彼氏いるのかも、となってショックで仕事でミス、ふじに行っても「くじらちょうだい」という言葉に反応してお皿をぶつけてがちゃがちゃいわせてしまう西尾、まー落ち込みっぱなし。「西尾くんきみなんかあったね!?」

ふじのおかみさんがあの話が聞きたいな、と突然言って、大森さんがおやじさんの、若い頃の話をします。芸者のひさこさんと恋に落ちたものの、芸者は水揚げされるまで清い身体でいなければいけない。苦しいながら清い関係を保ち、愛していたが最後には身を引いた、という話でした。

おかみさんは、おやじさんが一番つらかったのは、好きなのに好きだと伝えられなかったことだと言っていたことを教えてくれました。

 

その後西尾は、インスタ経由で!ふじに来ませんかとくじらちゃんを誘います。それでさくっと来るくじらちゃん。すごいなー、現代なー!スマホを忘れて駅に迎えに行き、<うわー…スマホないとすげー不便…昭和ってこんな状況だったのかよ、最悪>と昭和に思いを馳せる?西尾でした。

店に戻ると待っていてくれたくじらちゃん。常連のおっちゃんが西尾にさあさあ座れって場所譲って促してくれててよかった。

今回のお料理は、くじらのなんとか、ってお刺身だと思うんですけどなんて言ったか全然わかんなかったです。くじらのおの…?お…?

小さい頃お父さんと居酒屋さんによく連れてきてもらっていたので、ふじの雰囲気が落ち着くと言うくじらちゃん。お父さんの話題になって、写真を見せるとスマホを取り出すと…、あの西尾が彼氏だと思い込んでいた画像!仲のいいお父さんとのツーショットだったのでした。

 

しかし、とうとう告白か、というところで入ってきた大杉漣さんに、くじらちゃんは連れていかれちゃいました。そこで水川あさみがかくまってください、と店に入ってきたところでおしまい。

まとめとツッコミ

インスタで本気で好きになってる西尾、ちょっとアレだな。というかくじらちゃんがさとりん=お父さんと一緒に写ってる写真、タレントとマネージャーみたいだったのにほんとに勘違いしてひとりで完結しすぎでは!

 

毎回豪華ゲストが本人役で出演、というが魅力のひとつなんですが、ほんとにいい人が出るなあ!水川あさみさんは今回ラストにばっと出て、次回のメインゲストになるっぽい。熱愛疑惑で追い回されてる的な。

 

エンディングでただ飲んでごはん食べてる、みたいな映像があったのもなんかよかったです。気合いの入ってないエンディングってすごい、よくないですか。逆にむずかしくないですか。

あとエンドカード?っていう?ドラマでも。とにかく番組最後の最後で今回のメニューがわかりました!「鯨の尾の身」だそうです。尾の身か~!赤くておいしそうでした。

楽天ブックス