storymore!

ドラマを、もっと!

ドラマ『愛してたって、秘密はある。』1話ゆるっとネタバレ感想&推理

こんにちは、町田です。

正直期待していなかったドラマなんですが、みたら意外とよかったです。福士くんが上手になったり…したのかな…?

 

ネタバレ感想 

秘密がある、というタイトルで、その秘密が何でしょうかってストーリーかと思ったら冒頭で暴力父の堀部圭亮を福士蒼汰くんが殺害。お母さんの鈴木保奈美が殺されちゃうと思って咄嗟にやってしまったことだったので、正直に出頭してれば正当防衛とかになったんじゃないかな…。中学生とかだったし…。

お母さんは110番しようとする息子を止め、そして母と息子で協力して、父堀部さんを埋めて、失踪に見せかけるために車を海へ落としました。車とかだいたい道路で防犯カメラに映っててばれるし、そうしたら落としたか走り抜けたかとかも調べてわかりそうなものですけども…、失踪を届けるのを遅くしたらいけるの?泥っぽかったもんね、崖。あ、でも大人の失踪ってそもそもそんなに調べてもらえないって説がありますよね。自分の意志でいなくなったかもしれないし。

しかしお母さん。

「罪はなかったことにすれば罪じゃなくなるのよ」

「過去と未来は別物よ」

呪いの言葉を吐く吐く。

 

主人公黎くんの彼女、川口春奈演じる爽ちゃんの部屋が豪華。ひとり暮らしのマンションとはとても思えない…。しゃれた模様の壁、廊下の壁にファブリックのパネルー!やけに椅子みたいなのがあるー!実家から通学はしないのか。裕福だからか。にしても豪邸すぎやしないか。

大学生の、21歳くらいの爽ちゃん、声も高くてほんとに急に若返ったー!と思いました。服装も脚出してたり、柄のトップスだったり、それで髪はお団子にしてたりと学生っぽい。目もきらきらしてた。かわいい。

その当時、犯罪者をかばうような言い方ばかりして他の学生に批判されていた黎くん(暗い)を、フォローしてくれた爽ちゃん。綺麗事でも優しいほうがいい、被告人がやり直せる場所はある。たったひとり笑いかけてくれる人がいればそこが居場所になるから、ちゃんと誰かと一緒に生きていける、と言う爽ちゃんに、黎くんは救われた気持ちになった…という素敵な出会いをしていたのでした。

現在の、司法修習生となっての爽ちゃんは白に黄色のストライプのノースリーブのカットソーとか、白ベースの花柄ワンピースや黄色いニット、あっ黄色がすきなのかな?かわいい。

爽ちゃんがずっと素敵ゆえにつらいです。

 

爽ちゃんと同じく司法修習生の黎くん(なぜよりによって、そんな罪とか罰とか、人はやり直せるかとかいうことに直面する進路を…、よりによって、じゃないのか。だからこそなのか。)は爽ちゃんのお父さんに認めてもらおうとがんばって、検察庁での研修もがんばって、 なんとかいい方向にいっています。が、爽ちゃんとくつろいでいると一通のメールが。

 

「庭のお父さんには彼女を紹介しないの?」

 

いやー、いやー。庭のお父さんというパワーワード出ましたね。庭のお父さんて。急いで帰ると、庭には黄色い薔薇の花束…。黄色い薔薇は、お父さんが嫌いだったのか?色が違うんだよー!って怒ってたんですよね、黎くんが殺してしまったときに。あれもなんだったんでしょう。

 

で、このメールから、うまくいきかけてたものが全部ひっくり返って、いやーそう来た?っていう、まあ不要っちゃ不要な気もしましたが、黎くんのガーーーンな感じを強調してましたね。

 

ひったくりにあった女の子を助けるために犯人に暴行した男のことを、黎くんは助けようとしました。結局、犯人は男に肋骨を折られたと主張しましたが、それはひったくりとは関係ないところで自転車で転んでいたことを黎くんが突き止め、無事に男は不起訴。

…と思いきや、男がそもそもその女の子のストーカーで、女の子を殺害していたことが発覚!

そして連れていかれる男が黎に残したせりふ。

「なかったことにしたはずなのに…、死体も、罪も。」

 

爽ちゃんも、弁護士事務所で離婚の相談に来ていた女性と話していて、女性が思い直して浮気が疑わしい夫ともう一度話してみる、と言ってくれて喜んでいました。が、その女性が再び事務所に…。浮気相手との間に子どもがいて、認知までしていたと聞かされました。結婚なんてしなきゃよかった、と泣く女性。爽ちゃんも爽ちゃんで、ショックを受ける出来事があったのでした。

このあたりがどう影響してくるのか。

 

黎くんに検事正である爽ちゃんのお父さんが言います。

「天網恢恢疎にして漏らさず、悪事を働けば必ず報いを受ける。お天道様の目はごまかせないって意味だ」

重い。

その翌朝、殺したはずの父親が家にいて首を絞めてくるという悪夢で飛び起きた黎くん。母親の悲鳴が聞こえて階下に降りると、庭が掘り返され、父を埋めたはずの場所には穴だけが残されていた――。

メールを送ってきたのは?

 

嫌な父親が似合っちゃってた堀部さんですが、ふだんから暴力夫だったのかどうか?

あと母親鈴木保奈美が妙にけろっとしているところも引っかかりました。

ってことはー!鈴木保奈美が職場のお医者さん風見先生、鈴木浩介あたりと浮気してて、それがバレて父が激昂していた…、なんてストーリーはどうでしょう。で、何もかも知ってて脅してきたのは風見先生というオチ。動機はお母さんを弱らせてつけこむため。どうでしょう。

にしては風見先生ちょっとコミカルすぎたかなー。なにやってんですかねー先輩、とか堀部さんのこと言ってましたし。これで実はサイコ野郎だったって展開あったらこわすぎるかな。

 

風見先生と何かないにしても、お母さんは隠し事ありそうなんですよね。黎くんと爽ちゃんの結婚式を早くさせようとしたり…それだけ黎くんに幸せになってほしいともとれますが、急かす理由があるのかなって勘ぐってしまいます。

 

いかにも怪しかったのは、黎くんを慕っている近所の?女子高生の果凛ちゃん。やめなよ結婚。幸せになれないから。とか黎くんに言ってきました。黎くんに勉強を教えてもらった帰り、振り向いてじっと家の方を見てたり…。でも脅迫はさすがにねー。果凛ちゃんじゃ庭掘り返すの大変すぎますしね。 

他に気になった登場人物

黎くんと司法修習生で友人、一緒に検察庁で研修をしている虎太郎。ジャニーズの方かと思ったらそうじゃなかった、白洲迅さんという俳優さん。大会社の社長さんの息子かなんかで、気の強いボンボンっぽさがあります。これだからIQ低いやつは嫌いなんだよ~って研修中に被疑者に言っちゃったり、ただのちょっと困った友人役かと思いきや、爽ちゃんに思いを寄せているそぶりを…。

脅してきたりする役回りはないとは思いますが、黎くんと爽ちゃんふたりの関係には絡んでくるでしょうね。

 

爽ちゃんが研修を受けている弁護士事務所の香坂先生。…Nのためにのお母さんだ!山本未來さんです。「矛盾してるのが人間だからね」という、ポイントになりそうなせりふも。その事務所で柄本時生さんが働いています。いい組み合わせ。

 

爽ちゃんのお父さん、昔は鬼と呼ばれていた立花検事正。遠藤憲一さんでした!ウォー出てるの知りませんでした、今回はコワモテをフルに生かしつつ正義の役どころですが、黎くんの罪を見抜いてしまうのかどうなのか。

そして爽ちゃんのお兄ちゃんは賀来賢人!もーお父さんと仲直りしなよーとか言ってる爽ちゃんもかわいかったです。お兄ちゃん、チンピラ風でしたが警察まわりとかしている雑誌記者のようです。フリーの記者かな?いろんな事件のこと調べたりしてるだろうし、そのあたりから過去のことに近づいてきたりするのかな…。

 

あと刑事さん。黎くんが電話で補充捜査を頼み、それを最初は修習生の探偵ごっこに付き合ってらんないと蹴散らしかけましたが、結局わかったよって引き受けて捜査してくれました。番組ページを見たら、一ノ瀬義男というフルネームで役名もありました。ので、これからも活躍するのかなー。矢柴俊博さんという俳優さん。よく見かける方です。

小ネタなど

爽ちゃんが黎くんとの会話のなかで、ハンターハンターがいいとこで終わってたとか、約束のネバーランドの続きも気になる、とか週刊少年ジャンプのことを喋っていました。実際の漫画タイトルが出てくるのは意外な感じ。しかも「ナルトとブリーチが終わって落ち目だとか言われてるけど、全然そんなことないよねー」とまで。素敵な爽ちゃん。

あと、若手刑事さんのせりふで空前絶後の超絶怒涛の、というものが。それいま流行りのやつ…!

主題歌は家入レオさん「ずっと、ふたりで」。ふたり、って言葉が示すとしたら、やっぱり黎くんと爽ちゃんと考えていいんでしょうか。ふたりが支え合えるのか、っていうのがポイントになってくるのかなー。

 

次回は罪の告白か、と予告で匂わせていましたが、はっきり言うのはまだ先になるんだろうな…。ほんとうのこと教えて、って言われても、言えるのはお父さんは実は失踪ってところまでなのでは。4年前に病気で亡くなったって言ってたのが嘘だった、っていうところまでですかね。