storymore!

ドラマを、もっと!

ドラマ『ウチの夫は仕事ができない』2話あらすじ&感想!

こんばんは、町田です。

錦戸くん2話目!文中の引用は、公式ページのあらすじです。あらすじにいろいろツッコミを添えつつ書いていきます!

あらすじ

司(錦戸亮)は、仕事ができない自分を丸ごと受け入れてくれた妻・沙也加(松岡茉優)と生まれてくる子供のため、もう一度会社で頑張ろうと決意。チームリーダーの土方(佐藤隆太)は、司の教育係に黒川(壇蜜)を指名し、一大イベント・TOKYOおもちゃエキスポを手伝わせる。しかし黒川から本来新人の仕事である弁当発注しか任せてもらえない司は、後輩の田所(薮宏太)たちから馬鹿にされてしまう。

根性の悪い後輩たちが心を入れ替える展開はあるのかな…。後の方のシーンで、黒川さんができすぎる女でかわいくないとか言ってへらへらしてて、後輩女子に女々しいトリオ呼ばわりされててそれはほんとよく言った!前回せりふわざとらしいみたいなこと書いちゃってごめんね!

一方、次の派遣先が見つからない沙也加は、マタ友のあかり(イモトアヤコ)たちの話から、出産・育児費用の多さを知り、今さらながら焦る。慌てて手に入れたビジネス本を頼りに、司のプレゼン能力を鍛えるため、その日あったことを話す「今日の出来事」コーナーを小林家の日課にする沙也加だったが、司の要領を得ずオチもない語り口に先行きは不安で…。

ミュージカル演出は毎回!?今後も!?

1話は、自分の夫が期待の社員~!って浮かれて踊る場面がありましたが、今回はまず、マタ友の「貧すれば鈍する」のせりふに着想を得て、長屋暮らしで内職に励む沙也加からお金をむしりとって出ていく柄シャツチンピラ司、という妄想映像が歌と共に。

 

次に、プレゼンを制する者が仕事を制する、とビジネス本で読んだ沙也加の妄想、プレゼンを繰り返しガンガン出世する司。しまいには某ジョブズ、からの大統領。アメイジングワイフ!…からのミュージカル、踊って歌う感じに。謎。そこそこの尺。

白ワンピにヒール(ファーストレディスタイル)でにこにこ踊る松岡茉優ちゃんが見られたのでよしとするか…。

そんな中、下っ端の仕事と言われても弁当発注のためのリサーチに熱中する司を見た黒川は、司を外回りに同行させる。得意先で黒川の人を見極める観察眼と仕事ぶりに驚く司だったが、同時に酒癖の悪さも知ることに。黒川を男性上司と思い込んでいる沙也加は司と上司との飲みニュケーションに喜ぶが…。

女だからとあれこれ言われて苦労しているらしい黒川。酔っ払ってしまい、司はタクシーで自宅へ送り届けます。

そしてイベント当日。マタ友たちと遊びに来た沙也加は、司が発注した弁当のことを巡って土方から怒鳴り飛ばされているところを運悪く目撃してしまい…。

その後家で今日の出来事の話を聞く沙也加。そして、なんで怒られたこと平気な顔して言えるの?そんなんだから…。という心の声!つ、つらい。マタ友たちにも見られたけど夫ってバレなかったのが不幸中の幸い?

でも、いや事前にわかったんじゃないの弁当。あと予算の上限とかちゃんとあったんじゃないの。コストカット!とか言うけどさ。いや大事だけどさ…。そんなタイミングで怒りすぎでは…。

 

で、その後のあらすじ。

 

司は、黒川が仕事相手に男性担当者を付けてほしいと言われているところを見てしまいます。

落ち込んでいる様子の黒川のもとへ、弁当を何種類も抱えてくる司。最初はいらないと言われるが、量が少ないからと和食の弁当を渡し、お茶をいれて部屋を出ます。

黒川さん、お礼を言ってました。味方が増えたぞー!

 

終了後、おもちゃエキスポのクライアントの広報部長が会社に現れました。「今回、あれがよかったね。」「あれ?」「弁当ですよ、スタッフの」

いちばんの新人に任せたと聞いて、司ではなく後輩・田所のところへ向かう広報部長。それを受け入れて挨拶する田所。ムカつく…。

 

その報告を聞いて、その場で言えばよかったんじゃない?と少し怒った様子の沙也加。司は、それはもちろん悔しかったが、スタッフたちが弁当を選んで、食べてうれしそうにしていたことがうれしかった、いい仕事ができたと思った、と話しました。会社に入って初めてこんなに誇らしい気持ちになったと。

沙也加は叱られる姿を見ていたこと、それを見て残念に思って友だちには夫だと言えなかったことを司に話して謝りました。みんなが喜んでくれたことの方が大事だと思える素敵な人なのに、ごめんなさい、と。

 

司は、ショッピングモールの集客イベントに企画を出すように土方に指示された。黒川から決起集会だと飲みに誘われる。

その後酔っ払って帰宅した司を沙也加が出迎えると、送ってきてくれた黒川の姿があった。黒川が男だと思い込んでいた沙也加は衝撃を受ける。

感想

沙也加さんの服!大きめのチェックのシャツ、あとなんかダリア柄みたいな襟の服もかわいかったなー。あとパッチワークのスカート、これはきっとすごく着る人を選ぶと思うけどかわいかった。お似合いでした。

ふたりともおしゃれっぽいし、パジャマもパジャマの見本みたいなの着てるし、やっぱり部屋もおしゃれだし、豊かな暮らしだなー。だけどちょっと、よく見えないとこに物が多い。気になります。

 

そうそう、マタ友たちとすっかり仲良くなって、沙也加さんしょっちゅうもんじゃ食べてます。しょっちゅう食べるもの…?と思いつつ、イモトアヤコ演じるマタ友の夫がやってるお店ということで、そういうのちょっとかわいい。気取ったお友だちでなくて良いです。

 

一瞬だけ虻ちゃん出てたのはあれは!?書店員さんとしてレジに立ってて、沙也加さんに福引させてくれたんですがほんとそれだけでした。謎でした。1話にもそういえば、癖のあるコンビニ店員さんが出てきてました。顔見てもわからなかったけど、もしかしたら有名な人だったんでしょうか。

 

さて、次回のテーマは嘘ということで…いやそれはさておきエキセントリックな岸谷五朗の登場が気になってしょうがないです。デザイナー役のようです。この前『藁の楯』でシリアスな姿をみたばっかりなので余計に。