storymore!

ドラマを、もっと!

【夏ドラマ原作】『セシルのもくろみ』あらすじまとめ+原作との違いは?

おはようございます、町田です。

ドラマ原作『セシルのもくろみ』の簡単なあらすじと、原作との違いを見ていきたいと思います。

詳細なストーリーネタバレはこちらから!→【夏ドラマ原作】『セシルのもくろみ』ネタバレあらすじ&感想!(1) - storymore!

ストーリーを簡単にご説明!

以下、ざっくりしたあらすじです。

 

普通の主婦だった宮地奈央。ある日人気女性誌の読者モデルとなり、最初はうまくいかないことも多かったものの徐々に人気を獲得していく。 

同期の読者モデルや他のモデルたちには見下され、女の戦いを目の当たりにするが、カリスマモデルやライターに助けられてなんとかやっていく。編集長に対して淡い恋のような感情を抱いたが、お互いに既婚者、もちろん一歩は踏み出せない。

そして囁かれていたカリスマモデルの引退。それによって雑誌は危機に陥り…。

原作との違い、ドラマでは?

登場人物の違い

宮地奈央:真木よう子

編集デスク黒沢洵子:板谷由夏

カリスマモデル沢口美奈子=ミーナさん→浜口由華子=ハマユカ:吉瀬美智子

コメンテーター安永舞子:長谷川京子

ライター沖田里美→沖田江里:伊藤歩

編集長南城彰:リリー・フランキー

ヘアメイク安原トモ:徳井義実

カメラマン山上航平:金子ノブアキ

 

このあたりがメインキャスト。名前がちょっとずつ違うのと、あとは舞子と里美がメインキャストになっているので、早い段階で登場しそうです。

意地悪な元No.2モデルの長谷川京子、たまりませんね。観たい!

 

あと気になったのは、坂下葵:佐藤江梨子小田萌子:藤澤恵麻という名前。小田萌子は原作の小田亜由子だろうということで、このおふたりが奈央の読者モデル同期として登場しそうです。ほんとにモデルの顔ぶれを出してきましたねー!

 

ということは、原作であった葵と山上の不倫はサトエリと金子ノブアキの不倫…!

そんな見応えある展開、やってもらえるんでしょうか!?物語といえど不倫の扱いが難しそうな昨今なので、このあたりも注目です。

設定の違い 

公式ページを見ていると、奈央が体育会出身、あと自分を美しく見せることに抵抗がある、という設定が書かれていました。

原作の奈央はただただ平凡~という雰囲気で、特に体育会系などの記述がなかったです。ドラマ化にあたって、きりっとした男勝りな、見た目にこだわらない女性、というわかりやすいキャラ付けをしたんでしょうね。それはそれで物語の動きが大きくなりそうで楽しみです。

 

あと、奈央のモデルデビューがスカウトという点。

原作では友人・文香に無理やり一緒に応募されて自分だけ受かっちゃう、という出だしでしたが、ドラマではデスクの洵子にスカウトされるようです。よりドラマチック!

 

北春日部に暮らす、というのもドラマの公式ページに書いてあったのですが、原作では、銀座に行って買い物をする、などの場合に東京の有名な地名が出てくる程度でした。その具体性は一体…?

 

ドラマの見どころ

美の呪縛?

美の競演!的なところももちろん楽しみです。が、ドラマ公式ページには、女性たちの美の呪縛を解く、といったことが書かれていました。

美の呪縛とは、美しく、かつ幸せそうに見せること、そういうものでしょうか。

かつて“だって、「幸せそう」って思われたい!”という女性ファッション誌の表紙キャッチコピーが話題になったことがありましたよね。

これこれ。ちょうど1年ほど前なんですね。

こういった雑誌を舞台にしたドラマなのに、その呪縛を解くとはどういうことなんでしょう。奈央が成り上がっていく展開なら、美しいものが強い!というのを否定もしにくいだろうし…。美と家族どっちが大事!?とかかなー。

異質の演出!?

実在のスポーツ選手や文化人の女性たちが出演される、という説明も書いてありました。

劇中では作家などの文化人、美容家ら様々な分野で活躍する実在の女性たちが出演し、ドラマのテーマである“女性としての生き方”、“人から幸せそうに見られたいという虚栄心”など、視聴者へ問いかけ、投げ掛けるシーンが登場するといった、これまでのドラマとは異質の演出も見所となっている。

この演出が作中で出るのか、各話の最後にでもくっつけるのか?わかりませんが、気になります。 

www.fujitv.co.jp

放送は7月13日(木)夜10時からです!

楽天ブックス